会社とは

初めて社会人になった人、特に経済系や法学系の学部以外の出身者は、新聞を読んでも単語の意味がチンプンカンプンだと思います。そういう人は、焦らず、言葉の意味を一つ一つ確認していくことから始めるのが近道です。そして、投資を始めるためにまず一番最初に勉強しなければならないのは会社法です。会社法は、この後で勉強する会計や財務分析、コーポレートファイナンスの前提知識となりますし、経済学を勉強する上でも、会社法を知っているのといないのとでは飲み込みのスピードが断然違ってきます。少し、とっつきにくいかもしれませんが、焦らず言葉の意味を一つ一つ確認していきましょう。

「会社」とは営利、社団、法人です。
営利:利益を上げるための活動をして、上がった利益を会社の所有者である社員に分配すること
社団:複数の人の集まり
法人:法律上の主体となれるように法律上人として扱うもの

会社法が定める会社の種類は以下の4種類

  1. 合名会社
  2. 合資会社
  3. 合同会社
  4. 株式会社