□ 日経平均(大引け) 22,486円 -9、強弱感が交錯

本日の日経平均は小幅に続落。パウエル次期FRB議長が承認公聴会において「金融引き締め先の継続」に言及すると発表した事から22,580円(+85)まで上昇する場面もあったものの、中国株の軟勢が重しとなり 午後は概ね22,400円台で弱含む流れに。 

東証主力株は売り優勢。半導体セクターの他、3402 東レ、6361 荏原、6301 コマツ、5706 三井金属などが軟調。中小型株は 3558 ロコンド、8912 エリアクエスト、5341 アサヒ衛陶、4319 TAC、6203 豊和工業、3909 ショーケース、6208 石川製作所などに短期資金が流入。

日経平均 22,486円 -9、Topix 1,772 -4

225先物(12月限)22,500円 為替 111.19円/ドル
NYダウ先物 23,488ドル -29

■ テクニカル : 直近レンジ内での小幅な推移により方向感は生じず。引き続き「22,700円水準を天井圏とする短期ボックス相場」優位。下値は22,200円台、22,000円水準が強めの抵抗帯として意識されます。

big (15)

【ウォッチ銘柄】
△ 3452 ビーロット
17年12月期営業益予想を14.92億円から22.64億円に上方修正。

△ ナ・デックス
18年4月期営業益予想を14億円から15.6億円、配当予想を20円から30円に上方修正。

△ 7985 ネポン、5341 アサヒ衛陶
中国「トイレ革命」を囃した仕掛け+チョウチン買いで急騰。

△ 6203 豊和工業
北朝鮮リスクを材料視。テクニカルや取り組み上は空売り優位。

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!☆
             

  


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です