「火災現場なんてやりたくないですよ~!」だってw

ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============

おはようございます。ぺんたです。

火災現場の修復工事が順調に進んでいます。

もともと3DKだった間取りを、お願いして2LDKに変更してもらったので、リビングは広々しています。
IMG_20171030_093829

クロスも貼り終えていました。
IMG_20171030_093835

防音のため石膏ボードが張られた床には、その上にクッションフロアが貼られていました。
IMG_20171030_093854

一部にはこういう柄のアクセントクロスを使いました。
IMG_20171030_093904

お風呂も新品のユニットバスです。
IMG_20171030_093931

===

職人さんに挨拶しながら現場でウロウロしていると親方が近づいてきました。

私が発注した災害復旧会社の下請けさんです。頻繁に現場で顔を合わせるのですっかり打ち解けています。

工期は予定よりも早く上がりそうだとのこと。いま別の部屋に移ってもらっている入居者に早めに戻って貰えそうです。ラッキー!

しばらく親方と雑談していたのですが、前から思っていた疑問をぶつけてみました。

「ねぇ、こういう火災現場ってよくやるんですか?」

正直なところ復旧工事で使ういろんな部材やクロス単価などを見ていると、一般工事よりも何割か高かったので、火災現場を喜んでやっているのかなと思っていました。

ところが、

「XX鑑定人の現場じゃなかったら絶対来ませんよ!ほかの人じゃったら忙しいっていうて断りますけ」

と意外な答えが返って来ました。

「XX鑑定人とは最初の頃ケンカばっかりしよったんですけど、ある現場のことでとことん話してからは考え方がよくわかるようになって、いろいろお世話になってるんですよ~(^_^) 」

ということでした。

他の大家さんからも聞いていたのですが、火災保険の鑑定人というのはけっこうバラツキがある・・・というか、人によって芸風が違うというか・・・そんな感じらしいんです。

その結果、現場の工務店と相性が良い・悪いというのが出てくるようです。

だからうちの現場は、担当してくれている鑑定人さんが、懇意にしている工務店を引っ張って来て工事を進めてくれているわけです。

やっぱり人のつながりがモノを言う業界ですね。

ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============


Source: ぺんたの地方不動産投資日記

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です