★ 本日の戦略 : 強気度の一段階引き下げ!

おはようございます。

昨日のNY市場は反落。9月個人消費支出の伸びを好感して買い優勢でスタートしたものの、トランプ政権の法人減税が5年間での段階的なものになるとの見通しを嫌気して午後は利確優位で推移。カタルーニャ州を巡るスペイン政情不安やロシアゲート疑惑も株価の重しに。日経先物は米長期債利回りの低下 → ドル円の軟化が利確売りを誘発して21,900円付近まで軟化。

NYダウ 23,348ドル -85、ナスダック 6,698 -2
米10年債  2.370% -0.058、NY原油 54.15 +0.25
為替 113.17円/ドル、日経先物 21,700円 -60

■ テクニカル : 日本株全体に影響度の大きいナスダックは、主要ハイテク株の堅調さを背景に上値模索トレンドを維持。一方、ドル円は10日線割れが上昇一服を示唆。112円台後半に控える20日線の攻防 → 上下のブレに警戒。

big (9)

□ 本日の展望 : 利確賛成ムード
NY市場なりの利確優位の展開が本線。ただし、21,800円台では日銀のETF買い期待や押し目買いが下支えとなる底堅い推移が予想されます。リスクシナリオとして、10時発表の中国10月製造業PMIがコンセンサスを下回った場合の、ドル円・先物主導での軟勢アップ → 21,800円割れをケア。

★ 本日の戦略 : 強気度の一段階引き下げ!

9月からの株高を支えてきたトランプ税制への期待と米長期債売り(金利上昇)ともに一服感が生じています。現状で過度の悲観は不要ですが、週末からの3連休(中のトランプ氏来日)も踏まえれば、ストレス玉の縮小、新規買いの見送り、手仕舞い条件の厳しめ修正などにより強気度を一段階引き下げて臨みたいところ。

☆ スポット3銘柄は昨夕の戦略を踏襲。積極派の方は(即転系ではなく)スイング系ウォッチ銘柄も参照ください。
   (会員サークルより)

【ウォッチ銘柄】

△ 6723 ルネサス
明日付で中国に電気自動車(EV)向け半導体システムの開発拠点を新設。中長期スパンの押し目買い狙いを継続。

『 自らの庭を丹念に!!』

では 本日もよろしくお願いします!

           
 

※  11/1~10スタートコースの新メンバーさん募集開始
         

4343aquab02-001 
※ 本日中にお手続きいただいた方にはスタート期間を前倒ししてID・パスワードをお送りさせていただきます。(午前中のお手続き → 12時前後、午後のお手続き → 夕方)

今月の一本調子の上昇波動とは異なり、来月はトラップの多い1か月が想定されます。是非このタイミングで!

                                 



Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です