★ 本日の戦略 : ストレス玉の大胆な縮小!

おはようございます。


昨日のNY市場は反落。9月新築住宅販売や耐久財受注などの経済指標がコンセンサスを上回ったものの、決算を嫌気されたボーイングがダウを52ドル押し下げた他、AMDの軟化がハイテク株売りに波及。日経先物は前日の軟勢を継続し、一時21,590円まで下落。ドル円は米長期債利回りの騰勢により113円台後半で堅調に推移。

NYダウ 23,329ドル -112、ナスダック 6,563 -34
米10年債  2.431% +0.026、NY原油 52.18 -0.29
為替 113.72円/ドル、日経先物 21,700円 -60

big (5)

□ 本日の展望 : 利確賛成ムード
高値警戒感による前日からの利確優位の展開が本線。ECB理事会における緩和縮小策の行方を確認したいとの思惑も重し。想定レンジは21,500~21,800円前後。

★ 本日の戦略 : ストレス玉の大胆な縮小!
現状での日経先物の軟化は良識的な調整と見た強気スタンスが本線。ただし、米長期債利回りやドル円の騰勢要因が直近までの‘米景況感の良化’ではなく、ECB絡みのテクニカル要因となっているだけに過信は禁物。よって、まずはストレス玉の縮小による「昨日の調整トレンド入り気配」に順じた3割+アルファの余力維持を優先。

その上で、好トレンド銘柄に関しては決算までの日柄を確認しながら、押し目買い、上昇時の売りすぎ注意で臨みたいところ。

【ウォッチ銘柄】
△ 4507 塩野義製薬
画期的な新薬を優先的に審査する「先駆け審査指定制度」の対象のインフルエンザ治療薬について、承認申請を行ったと発表。

△ 3688 VOYAGE
発行株の4.1%の自社株買いを発表。

△ 6740 JDI
車載向けパネル事業の売上高を今後3年間で6割増の1500億円規模に拡大する方針を表明。

☆ 本日からの新スポット銘柄
全体需給の調整トレンド入りリスクにより、“個別物色の二極化”が再開しそうです。まずは、決算前のワン回転10~15%狙いを優先しつつも、セクター全体の業績良化傾向や個別での好テクニカル、好取り組みなどを踏まえれば、年末にかけての飛躍も視野に。第三の☆★Sラボ銘柄として目先の押しを丁寧に拾っていってください。
      >>Sラボ参加案内


『 集中して全体を俯瞰する!』

では 本日もよろしくお願いします!

           
  



Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です