□ 午後の戦略 : 天井形成とオーバーシュート継続の両睨み

前場の日経平均は続伸。朝方こそ昨日の15連騰&大幅高の反動により21,646円(-50)まで軟化したものの、衆議院選での自公圧勝による国内経済の安定味増幅を好感した外資勢の先物買い主導で9:30ごろには前日比プラス圏に浮上。21,700円台では利確売りを重しとしながらもしっかりと推移中。

主要セクターは SUMCO(3436)など半導体関連をはじめ、商社、鉄鋼、建設が堅調。中小型株は 8783 GFA、2666 オートウェーブ、6281 前田製作所、3991 ウォンテッドリー、7707 PSS、5950 パワファス、4766 ピーエイ、5697 サンユウ、2397 DNAチップ、2930 北の達人などが大幅高。

□ 午後の展望 : 高値持ち合い
前場の底堅さによる下ブレ懸念の緩和と売り方の買戻しバイアスの高まりを下支えとした21,600円~21,700円台後半での持ち合い継続が本線。

■ 午後の戦略 : 天井形成とオーバーシュートの両睨み
値幅目標の控えめ設定、手仕舞い条件の厳しめ設定、株数勝負による“天井形成シフト”を意識しながら、好トレンド中小型株をポジションの中核とした押し目買いスタンスを継続。

☆スポット4銘柄も従来戦略を踏襲。☆ 本日からの新スポット銘柄前場中に3%高を達成していますので一部利確も妙手ですが、基本は押し目待ちの買い増し狙いで臨んでください。
     (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします。

Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です