□ 前場概況 : 先物はしっかり、中小型株は連鎖安リスクが蔓延

前場の日経平均は110.30台まで直近下値を切り下げたドル円を重しに19,900円台前半で弱含む流れ。10時発表の中国7月製造業PMI(51.4)はコンセンサス(51.6)なりの良好な内容で着地したため、市場の反応は限定的に。

東証主力株は7202 いすゞや素材関連が買われた他は高安マチマチ。中小型株は 3913 sMedio、3624 アクセルマーク、4770 図研エルミック、5476 日本高周波、6794 フォスター電機に短期資金が流入。新興主役クラスには連鎖安も顕著に。

□ 午後の展望 : 模様眺め
中国経済指標を無難に通過したため、ドル円を睨みつつも19,850~20,050円レンジでの方向感の乏しい流れが本線。

■ 午後の戦略 : 的を絞った買い下がり!
東証主力株は上値が重く、中小型株には連鎖安リスクが付きまとっていますので、「買いターゲットを極端に絞った押し目買い、手仕舞い条件の徹底」スタンスで臨んでください。

決算に対するリアクションは「好内容は上っ放れ後に利確が重しとなるか、下っ放れ」 = 決算跨ぎリスクが高い状況です。引き続き、決算目前銘柄はポジション縮小を優先。

【ウォッチ銘柄】
△ 6762 TDK
好決算やみずほ証券の投資判断引き上げを好感した堅調スタートも、伸びを欠く流れ。


△ 5406 神戸製鋼
こちらも先週末の好決算を追い風に買いが先行。好取り組みなだけに買い一巡後もしっかりと。

では 午後もよろしくお願いします。


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です