◆2017年ノーベル物理学賞関連銘柄として物色か 重力波関連銘柄

重力波
今日29日(金)付で日本経済新聞に『ノーベル賞最有力「重力波」 米国の偉業と日欧の挑戦』という記事が掲載となってますが、今年2017年のノーベル物理学賞は重力波の初観測に貢献したKip S. Thorne(キップ・ソーン)氏(カリフォルニア工科大学)とRainer Weiss(ライナー・ウェイス)氏(マサチューセッツ工科大学)が受賞するのではとみられている感じですかね。

※もう1人候補者として挙げられていたRonald Drever(ロナルド・ドレーバー)氏(カリフォルニア工科大学)は2017年3月に亡くなられたようです。

2017年ノーベル物理学賞最有力とされる重力波とは?

時空(重力場)の曲率(ゆがみ)の時間変動が波動として光速で伝播する現象。1916年に、一般相対性理論に基づいてアルベルト・アインシュタインによってその存在が予言された後、約100年もの間に渡り、幾度と無く検出が試みられ、2016年2月に直接検出に成功したことが発表された。

巨大質量をもつ天体が光速に近い速度で運動するときに強く発生する。例えば、ブラックホール、中性子星、白色矮星などのコンパクトで大きな質量を持つ天体が連星系を形成すると、重力波によってエネルギーを放出することで最終的に合体すると考えられている。

重力波の概念は、アルベルト・アインシュタイン自身が、一般相対性理論を発表した2年後に発表した。重力波の存在は間接的には示されていたが、直接の検出には100年を要した。なお、素粒子物理学の標準理論において重力相互作用を伝達する素粒子として重力子(graviton)が想定されているが、これは2016年現在未検出である。

重力波の検出は、現在の一般相対性理論研究の大きな柱の1つであり、巨大なレーザー干渉計や共振型観測装置が世界の数拠点で稼働あるいは計画中である。また、予想される重力波は非常に弱いため、ノイズに埋もれた観測データから重力波を抽出するために、重力波の波形をあらかじめ理論的に計算して予測する研究も精力的に進められている。

引用:ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/重力波 (相対論)

「アインシュタインからの最後の宿題」といわれ、約100年もの間に渡り検出が試みられていた現象なので、ウィキペディアにちょっと目を通したぐらいで簡単に理解できるものではないと思いますが、重さを持つ物体が動くことで、その重力により周囲の時空がゆがみ、波となって伝わっていくのが重力波で、「時空のさざ波」とも言われているようです。

日米欧の各グループが初観測を競っていたが、アメリカの干渉計LIGOが初観測(2015年9月14日 9時50分45秒)に成功し、2016年2月11日に発表。

宇宙は誕生してから約138億年たったと考えられているが、これまでは宇宙が誕生して約38万年たった後のことまでしか観測できていない。しかし重力波を使えばそれより前の宇宙が観測でき、誕生から1秒以内の様子もわかると期待されている。

重力波により、過去の宇宙やブラックホール誕生の様子などが観測できると期待されているようですね。

2017年ノーベル賞関連銘柄として物色か 重力波関連銘柄

シグマ光機7713 シグマ光機 [JQS]
2017-09-29終値1,730 前日比-62(-3.46%)
PER   :(連)18.89倍
PBR   :(連) 1.07倍
配当利回り:1.97%
時価総額 :135.14億円
単元株数 :100株


今日は株価を下げましたが、「重力波」が2017年ノーベル物理学賞最有力と挙げられていることから、重力波関連銘柄とされているシグマ光機(7713)へ物色人気が波及しているようですね。

シグマ光機(7713)は大型低温重力波望遠鏡KAGRA(かぐら) で高度な技術を発揮している主な企業の一つとして挙げられています。

大型低温重力波望遠鏡KAGRA(かぐら) 01大型低温重力波望遠鏡KAGRA(かぐら) 高度な技術を発揮している主な企業2015年4月30日

参照:大型低温重力波望遠鏡KAGRA(かぐら)
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/public_relation/press_release/2015/20151106kagra/KAGRA-Panf.pdf

大型低温重力波望遠鏡KAGRA(かぐら) で高度な技術を発揮している主な企業

  • 鹿島建設(1812)
  • 東芝(6502)
  • 興研(7963)
  • 三井金属エンジニアリング(1737)
  • 富士通(6702)
  • ジェック東理社
  • ミラプロ
  • 住友重機械工業(6302)
  • JSP(7942)
  • GTクリスタルシステムズ(米)
  • 三菱電機(6503)
  • ZYGO(米)
  • CSIRO(豪)
  • Galli&Morelli(伊)
  • シグマ光機(7713)
  • ジェネシア
    など

時価総額が低めなのはシグマ光機(7713)、興研(7963)、三井金属エンジニアリング(1737)あたりですかね。

日本では独自に「DECIGO(ディサイゴ)」と呼ばれる構想が検討されているようですが、DECIGO(ディサイゴ)で高度な技術を発揮するのも上記企業となりそうなのかどうなのかが気になるところ。

重力波が2017年ノーベル物理学賞の有力候補として挙がっているとは言え、日本人が受賞するわけではないと思うので、大型低温重力波望遠鏡KAGRA(かぐら)関連銘柄に恩恵があるって感じではなさそうな気がしますが、物理学賞の発表はもう来週10月3日(火)となりますね。

実際に重力波が2017年ノーベル物理学賞を受賞したら関連報道が色々と出そうですが、目先は出尽くし感から売られる可能性もありそうなので、高値掴みしないように注意しつつ取引に注目してみたいと思います。

その他、注目のノーベル賞関連銘柄は?

どうやって注目する銘柄を探しているか聞かれたりするんですが、個人的にはニュースやIRや著名なアナリストが配信している株関連情報などに目を通したりしています。

アナリスト等が旬なテーマ株を取り上げることで物色が向かったりすることも珍しくないので、有名どこはなるべくチェックしておくべきだと思います。

今時は下記のような株サイトが無料で株関連情報を配信してくれたりするので、株用のアドレスをつくって登録すると、簡単に旬な情報をチェックできたりでオススメです。

株式投資関連でオススメのメルマガ情報
清水洋介 トリプルエーの無料メルマガ⇒
日本経済新聞ダイヤモンドZAIなど、株価の動きに影響を与えそうなメディアで執筆したりしていて、アルゴナビス代表取締役を務めている清水洋介さんの独占レポートを無料提供しているサイト。[今日の厳選注目銘柄][相場レポート][銘柄診断]などのサービスを無料でチェック出来ます。買い推奨だけでなく売り推奨もあって、目標株価なども書いてあったりで分かりやすい。
久永義一 トレーダーズ・ブレイン・マーケットの無料メルマガ⇒
配信銘柄の推移をこれまでブログで書いてきていたりしますが、代表の人が日興証券で長く勤めていた人のようで、業界での繋がりが多そう。テクノファンダを習得したNTAA認定アナリストが集結しているようですが、分析力に長けた人が多く在籍しているからか推奨銘柄の推移がなかなか良い印象。サイト内コンテンツ「極選ニュース」は試しにでも一度見てみることをオススメ。
橋本明男 ミリオンストックの無料メルマガ⇒
橋本罫線考案者の橋本明男さんや、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤さんなどのコラムを無料掲載しているサイト。橋本明男さんも堀篤さんも昨年ヤフーファイナンスの株価予想で予想を出していた人ですが、業界でのキャリアが長い人の記事は要点が上手くまとめられていたりで分かりやすいと思います。無料メルマガで「急騰期待銘柄・注目株」情報を入手できたりする。
イー・キャピタル イー・キャピタルの無料メルマガ⇒
創立15年以上になる老舗サイト。長く相場をみてきているサイトの一つと言えそう。業界長く利用者もだいぶ増えてそうなので、取り上げられた銘柄に注目が集まりやすい印象。 チェックしてみたら分かると思いますが、とにかく情報量が豊富でテーマ株を分析して急騰銘柄を当ててきています。リピート率が88.1%にも及ぶのは、それだけ当ててきているからこそだと思います。
濱村比呂史 マスターズトレードの無料メルマガ⇒
元証券マンで利食い仙人と呼ばれている濱村比呂史さんのコラムを無料掲載しているサイト。98%が利用して良かったと実感する充実の無料サービスと書かれてますが、利用者に支持されているのは、それだけ利益に繋がる情報を提供してきているからこそって気がします。無料で「話題の注目銘柄」や「日米市況レポート」などの株関連情報を入手できてオススメ。
小野山功 株マイスターの無料メルマガ⇒
小野山功さんや本村健さんのコラムを無料掲載しているサイト。業界長く、老舗顧問に部類するサイトだと思いますが、タイムリーな情報を的確に配信してきている印象。これまで市場を盛り上げた銘柄を何度もナイスなタイミングで取り上げてきています。本当に凄いのでサイト内で掲載となっている直近提供銘柄の推移などを見てみた方がいいと思います。
向後はるみ 株エヴァンジェリストの無料メルマガ⇒
株-1グランプリグランドチャンピオン大会で優勝している投資の女神「向後はるみ」を助言者に迎え急騰候補株を配信しているサイト。“旬のテーマ性を複数持つ”“上昇余地が充分見込める尚且つ”尚且つ“値動きの軽い銘柄”を紹介してくれます。市場で関心を集めやすそうなテーマ性をしっかり分析し、利益を得れる可能性が高そうな銘柄に注目してきている印象。
藤本誠之 株プロフェットの無料メルマガ⇒
Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝という記録を残している相場の福の神「藤本誠之」さんのラジオスポンサーをしているサイト。知名度が高い人が顔を出しているサイトは、ファンが多いからか取り上げられる銘柄へ資金が向かったりするので配信情報に注目しておいた方がいいと思います。相場に応じてどういう銘柄を狙えば良さそうか知れたりするのでお勧めです。
伊東聡 最強!!株トレードの無料メルマガ⇒
株-1グランプリに出場したりしている元証券ディーラーの伊東聡さんが情報部部長。カブ知恵代表を務めている藤井英敏さんの「投資の方程式」をサイト内で無料掲載していたりで情報網が広そう。急騰銘柄をこれまでいくつも当ててきています。当てているサイトは利用者が増えていく傾向にあると思うので、今後配信される情報にも注目が集まりやすいのではって気がします。
鳥丸好一 ファーストリッチの無料メルマガ⇒
元証券マンが多く集まっている株サイトのようですが、分析力に長けたアナリストが多く在籍していることもあってか、推奨された銘柄が一気に急騰したりと凄いです。推奨時株価から推奨後高値までの推移で株価2倍、3倍と上げているのをいくつも目にしましたが、配信情報を見ていた人はとんでもなく利益を得れていそうな気がします。無料情報でも結構使えてオススメ。

いつも相場を見ている人の情報は何かと的を得ていて参考になりますし、当ててるサイトが注目する銘柄には投資家の関心が向かいやすかったりすると思います。

私はフリーアドレスを作って上記のような著名な人が顔出しているようなサイトに配信登録してますが、寄りつき前にサラっと読むだけでその日の注目しておいた方が良さそうな点や面白そうな銘柄情報などをまとめてチェック出来たりで便利です。

配信情報を見ている人と見ていない人とでは、狙える銘柄の幅が違ってくるのではないでしょうか。

テクニカルやファンダメンタルズが良く分からないって人は、こうしたキャリアがある人が配信する情報をチェックしたりして相場観や銘柄の選び方などを見に付けていくといいと思います。

相場の流れに上手く乗れるよう、少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報はしっかりチェックしておきたいですね。

Copyright © 2017 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信 All Rights Reserved.

Source: 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です