★ 本日の戦略 : 気持ちは大きく、戦略は繊細に!

おはようございます。

昨日のNY市場は5日ぶりに反発。注目のトランプ政権の税制改革案は、現行35%の法人税の20%への引き下げを中核に、レパトリ税の原則廃止、所得税の最高税率引き下げ、相続税の廃止など「景気浮揚効果 & 富裕層優遇」が見込める内容となり、マーケットは概ね好感。

米長期債利回りも大幅に上昇し、ドル円は一時113.20台まで急伸。

NYダウ 22,340ドル +56、ナスダック 6,453 +73
米10年債 2.310% +0.081、NY原油 52.14 +0.26
為替 112.78円/ドル、日経先物(夜間)20,380円 +60

big (27)

□ 本日の展望 : 買い優勢
トランプ税制改革案を好感してNYの流れを引き継ぐ買い優位の展開がメイン。想定レンジは20,250~20,450円。

★ 本日の戦略 : 気持ちは大きく、戦略は繊細に!
トランプ税制改革案は懸念された「失望売り」を回避。当案の8,9割が実施されるようなら、米国経済とドル円にとって長期的な下支え要因となるでしょう。特に、‘減税’までとみていたレパトリ(海外利益の米国還流にかかる税金)の‘原則廃止’には驚いています。

ただし、株式市場は9月上旬の「トランプ大統領による民主党への歩み寄り」以降、相応のトランプ期待を織り込んでいますので、日経平均は20,000~20,500円のレンジ相場継続を戦略の前提としながら、“オーバーシュート”による21,000円トライを軽めにケアしておきたいところ。

よって、本日は一定の余力維持と手仕舞い条件の徹底、「日柄ロス懸念銘柄の大胆な縮小」による下押し対策と、押し目買い・上昇時の売りすぎ注意、「悩んだら打診買い」による積極策を並行していってください。

□ ポートフォリオ戦略 : トランプ関連とされる主力インフラ株は総じて値動きが悪く、日経平均の年初来高値付近で不用意に主力株を増やすべきではないとの判断から、本日も★Sラボ主力銘柄をポジションの中核に据えるスタンスを継続。
     (会員サークルより)

【ウォッチ銘柄】
△ 4282 EPS
創薬ベンチャー投資で三菱UFJキャピタルと提携する方針との報道。

☆ 本日からの新スポット銘柄
本日はトランプ関連、選挙関連などに刹那的に短期資金が集まりそうです。それら旬のものを楽しみで売り買いするのも妙手ですが、資産運用としては「トランプ税制改革後」の市場環境の変化に目を向けて布石を打つのが正攻法。

「いつか買おうと思っていたけど、言われてみればあのタイミングだったね。」・・・をイメージしながら!

※  9/21~30スタートコースの新メンバーさん募集は今日まで!今なら9月分は無料です!
         

4343aquab02-001 


『 環境なりの変化、自発的な変化!』 

では 本日もよろしくお願いします。☆ 先週末からのスポット銘柄も今だけこちらに!

             

  

Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です