「管理が変わったら協力出来ません」と言う業者さん・・・(^_^;

ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============

おはようございます。ぺんたです。

以前購入した物件で忘れられない出来事がありました。

その物件は前オーナー時代に部屋毎管理になっていた状態で私が引き継ぐことになりました。

ご存じない方のために説明させていただくと、部屋毎管理とは空室を埋めた仲介会社がその「お部屋単位の」管理を継続的に請け負う制度・・・とでも言いましょうか。

普通、我々オーナーが管理を委託する場合は、特定の管理会社さんに一棟丸ごと管理をお願いすることが圧倒的に多いのですが、稀に「お部屋ごとに」管理を委託している物件があります。

恐らくもともとは特定の業者さんが一棟丸ごと管理を受託していたのでしょうが、オーナーさんとの信頼関係にヒビが入り、複雑な経緯を経て「お部屋ごとの」管理をする体制に移行していったのでしょう。

私見ですが、部屋毎管理の物件はあまり管理状態がよろしくないような気がします。

===

私はその物件の購入後は、売買を仲介してくれた業者さんに管理までおまかせしたいと思い、その業者さんに、

「決済まで間もないので、(部屋毎管理をやっている)各業者さんに連絡を取って引き継ぎを先行して進めておいて下さい」

とお願いしました。

大半の業者さんは素直に応じてくれたのですが、

「ぺんたさん、実は1社微妙な業者さんがいらっしゃいまして・・・」

と新・管理会社さんがおっしゃいます。相手は私とも面識のある業者さんです。この業者さんが1室だけ管理を行っておられます。

「え、どうされたんですか?」

「あそこの社長さんとなんとなくギクシャクしているんですよ。以前から親しくして頂いている方ですので私の勘違いかもしれませんが、管理移行の件はお手数ですがぺんたさんのほうから伝えてもらったほうがよいかもしれません(^_^;」

「わかりました。そんな大したことではありませんので、私のほうから言ってみましょう!」

ということになりました。

===

その会社さんにお願いすることは本当に大したことではありません。

入居付けするときに利用した日本セーフティの保証契約を、新・管理会社さんに名義変更していただけませんか?というお願いだけです。

そこの社長さんに電話して、依頼事項を手短に話したあと、

「円滑な管理移行のため、お手数ですがご協力をよろしくお願い致します<(_ _)>」

とお願いしたところ、思いもよらない言葉が返ってきました。

「あの~、管理が変わったら当社は協力できません!」

「えっ、家賃保証の期間はまだ残っていますが・・・」

「あの家賃保証契約は当社が締結したものですので、新しい管理会社さんは新たに結びなおせばいいんですよ💢」

「いや、でも、新・管理会社さんも日本セーフティの提携先なので、御社は名義変更の書類を記入していただくだけで済みますよ」

「申し訳ありませんがご協力は致しかねます・・・」

「新たに契約を結びなおすとなると入居者さんに追加負担が発生してしまいますので、それだけは避けたいんですが・・・」

「それは新しい管理会社さんが考えることですよね。」

取り付く島もありません。

切り口を変えて食い下がりました。

「(新・管理会社の)XX社長とは懇意だとお伺いしましたが・・・?」

「いえ、宴会で面識がある程度です💢」

そこまで完全否定か・・・(^_^; さすがに諦めて撤退しました。

一連のやりとりを新・管理会社の社長さんに報告したところ落ち込んでいましたね~(苦笑)
1528001

===

一番大事にしなければならない入居者に追加負担を強いてまでもイジワルをしたかったのでしょうか?

そこまでこの方をかたくなにさせてしまった原因はたぶん別にあるのでしょうが、誰にもわかりません・・・(^_^;

我々大家に見えないところで、業者さん同士のこうしたいがみ合いは結構多いのかもしれません。

※家賃保証は別の方法で無事移行できました。

ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============


Source: ぺんたの地方不動産投資日記

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です