■ 午後の戦略 : 良識的な調整局面を小口逆張り!

前場の日経平均は反落。昨日までの4連騰の反動により利確バイアスが高まっていたところに、「北朝鮮による水爆実験予告」報道が呼び水となって20,200円台まで下落。

東証主力株は非鉄・鉄鋼の下げが顕著な他は高安マチマチ。中小型株は 3896 阿波製紙、6208 石川製作所、9764 技研工業、7831 ウィルコ、6998 タングステン、4274 細谷化工などに短期資金が流入。新興主役クラスは総じて軟調。

□ 午後の展望 : 利確優位も底堅く
北朝鮮リスクを建て前とした利確優位の展開がメイン。もっとも、20,200円付近では中間期末配当取りや押し目買いによる底堅い推移が想定されます。

■ 午後の戦略 : 良識的な調整局面を小口逆張り!
中小型株を中心に連鎖的な現金化売りが見受けられますので、週末の北朝鮮リスクへの備えも兼ねて手仕舞い条件の徹底、一定の余力維持スタンスは継続。その上で・・・、日経平均にとっては久しぶりの押し目だけに、買いレンジ内はお気持ちの許す範囲での買い増しをご検討ください。

☆★Sラボ銘柄は従来戦略の踏襲により、予定通り銘柄入れ替えを推進していってください。

※ 直近ウォッチ銘柄に連鎖安に値を崩すものが増えています。多くは利確バイアス、北朝鮮リスク、週末など一時的な要因による下げと判断していますが、テクニカル悪化銘柄については早めの見切り → 底打ち後のリベンジ狙いを中心視してください。

では 午後もよろしくお願いします。



Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です