◆自動車部材・部品関連銘柄 共和工業所(5971)

共和工業所5971 共和工業所 [東2]
2017-08-31終値2,235 前日比+107(+5.03%)
PER   :(連) 22.53倍
PBR   :(連) 1.39倍
配当利回り:1.12%
時価総額 :69.56億円
単元株数 :1,000株


今日31日取引終了後に建設機械用特殊ボルトや自動車用冷間圧造部品などを取り扱っている共和工業所(5971)が「平成30年4月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」を発表。

平成30年4月期第1四半期(連結)の売上高は48.6%増の22.97億円、営業利益は223.2%増の2.91億円、経常利益は207.4%増の3.09億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は204.1%増の2.25億円となってますね。

建設機械部門の売上高は、国内向け売上16億73百万円(前年同期比46.9%増、5億34百万円増)、海外向け売上3億74百万円(前年同期比92.0%増、1億79百万円増)。

自動車関連部門の売上高は、1億53百万円(前年同期比10.7%増、14百万円増)。

産業機械部門の売上高は、36百万円(前年同期比48.0%増、11百万円増)。

地味な銘柄で日頃の出来高が少ない印象ですが、業績の伸びがいいですね。

入りやすい株価水準ではって気がするので、決算発表を受けての明日からの取引に注目してみたいと思います。

その他、注目の銘柄・テーマ株は?

どうやって面白そうな銘柄を探しているか聞かれたりするんですが、個人的にはIRや著名なアナリストが配信している株関連情報などに目を通したりしています。

今時は下記のような株サイトが無料で株関連情報を配信してくれたりするので、株用のアドレスをつくって登録すると、簡単に面白そうな情報をチェックできたりでオススメです。

 オススメ無料メルマガ
清水洋介 トリプルエーの無料メルマガ⇒
日本経済新聞ダイヤモンドZAIなど、株価の動きに影響を与えそうなメディアで執筆したりしていて、アルゴナビス代表取締役を務めている清水洋介さんの独占レポートを無料提供しているサイト。[今日の厳選注目銘柄][相場レポート][銘柄診断]などのサービスを無料でチェック出来ます。買い推奨だけでなく売り推奨もあって、目標株価なども書いてあったりで分かりやすい。
久永義一 トレーダーズ・ブレイン・マーケットの無料メルマガ⇒
配信銘柄の推移をこれまでブログで書いてきていたりしますが、代表の人が日興証券で長く勤めていた人のようで、業界での繋がりが多そう。テクノファンダを習得したNTAA認定アナリストが集結しているようですが、分析力に長けた人が多く在籍しているからか推奨銘柄の推移がなかなか良い印象。サイト内コンテンツ「極選ニュース」は試しにでも一度見てみることをオススメ。/span>
橋本明男 ミリオンストックの無料メルマガ⇒
橋本罫線考案者の橋本明男さんや、日本証券アナリスト協会検定会員の堀篤さんなどのコラムを無料掲載しているサイト。橋本明男さんも堀篤さんも昨年ヤフーファイナンスの株価予想で予想を出していた人ですが、業界でのキャリアが長い人の記事は要点が上手くまとめられていたりで分かりやすいと思います。無料メルマガで「急騰期待銘柄・注目株」情報を入手できたりする。
イー・キャピタル イー・キャピタルの無料メルマガ⇒
創立15年以上になる老舗サイト。長く相場をみてきているサイトの一つと言えそう。業界長く利用者もだいぶ増えてそうなので、取り上げられた銘柄に注目が集まりやすい印象。 チェックしてみたら分かると思いますが、とにかく情報量が豊富でテーマ株を分析して急騰銘柄を当ててきています。リピート率が88.1%にも及ぶのは、それだけ当ててきているからこそだと思います。
藤井英敏 アドミラルインベスターズの無料メルマガ⇒
藤井英敏さんも、hinaさんも、若林史江さんも、長く相場の動きを見て株に関する情報を発信してきている人だと思いますが、こうした著名な人を集めれているサイトが配信する銘柄情報には投資家の関心が向かいやすい気がします。これまでの推奨銘柄の推移がなかなか凄いので、まだチェックしていない人は試しにでも一度サイト内をのぞいてみた方がいいと思います。

いつも相場を見ている人の情報は何かと的を得ていて参考になりますし、当ててるサイトが注目する銘柄には投資家の関心が向かいやすかったりすると思います。

私はフリーアドレスを作って上記のような著名な人が顔出しているようなサイトに配信登録してますが、寄りつき前にサラっと読むだけでその日の注目しておいた方が良さそうな点や面白そうな銘柄情報などをまとめてチェック出来たりで便利です。

配信情報を見ている人と見ていない人とでは、狙える銘柄の幅が違ってくるのではないでしょうか。

テクニカルやファンダメンタルズが良く分からないって人は、こうしたキャリアがある人が配信する情報をチェックしたりして相場観や銘柄の選び方などを見に付けていくといいと思います。

相場の流れに上手く乗れるよう、少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報はしっかりチェックしておきたいですね。

Copyright © 2017 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信 All Rights Reserved.

Source: 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です