★ 本日の戦略 : 続・強気度アップの打診買い!

おはようございます。

昨日のNY市場は小幅に続伸。4-6月期GDP改定値の上方修正(前期比年率+2.7%→+3.0%)や8月ADP雇用報告の好内容(雇用増+23.7万人、コンセンサス+18.3万人)を好感して一時21,900ドル台まで上昇。買い一巡後はテクニカル要因(20日線付近の戻り売り)や原油安によるエネルギーセクター株の軟化が重しに。

ナスダックは4日続伸のアップルなどハイテク関連が買われて大幅続伸。同様にトレンド陽転色を強めたドル円も追い風に、日経先物は19,500円台後半まで上昇。

big (13)

NYダウ 21,892ドル +27、ナスダック 6,368 +66
米10年債 2.134% -0.002、NY原油 45.97 -0.47

為替 110.32円/ドル、日経先物(夜間)19,580円 +60

□ 本日の展望 : リバウンド継続

NY市場でのリバウンド基調継続が先物での買戻しを誘発する堅調地合いが本線。想定レンジは19,450~19,650円。リスクシナリオとしては、習主席により「統計の水増し厳禁令」が布かれている中国において 10時発表の8月製造業PMIが市場予想を大きく下回った場合の売り直し → 19,400円割れに警戒。

★ 本日の戦略 : 続・強気度アップの打診買い!
昨日寄り前にお伝えしたNYダウ、ドル円、日経先物の底打ち ≒ 「FOMC1か月前の需給調整の終焉」気配に順じた強気度アップ戦略を継続。

“物色の二極化リスク”を念頭に出来高のある好トレンド銘柄をポジションの中核としつつ、“米朝政治リスク”に対しては3割前後の余力維持、上値飛び乗りは極力控えた押し目買い狙いでケア。

★☆Sラボ戦略 : 日経反騰トレンド入りへの備えは★ Sラボ主力銘柄を継続。東証主力株の物色動向次第では乗り換えや銘柄の追加も検討していますが、以下の2点を背景とする効率面での疑問を踏まえれば週内は一点勝負で!

1、目先の日経高は「業績相場ではなく需給相場」となるため、中核となるセクターが不在のままの循環物色に留まる。

~(略)~

※ 非鉄・鉄鋼など市況関連から意外高を演じる銘柄も増える可能性がありますが、意外性を伴うボラティリティなら☆スポット狙いが正攻法。よって、あえての東証主力株の増加の場合は、昨夕触れたソニー、~(略)~などからご検討ください。

★☆Sラボ銘柄戦略も昨夕のものを踏襲。
   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】

△ 7211 三菱自動車
純現金収支(フリーキャッシュフロー)は
17年3月期の1189億円の赤字から、18年3月期には数十億円の黒字化の見込みとの報道。引き続き、現状で買える稀有な国内自動車株として継続注視。

△ 3250 ADワークス

9月期経常益は四季報予想を5割近く上回る6億円前後になる見通しとの報道。

△ 6627 テラプローブ
好調な事業環境を背景に、18年12月期に初めての配当実施を検討するとの報道。

△ 2150 ケアネット

10/1付の株式2分割を発表。

『 リスクを正視して分解する! 』

では 本日もよろしくお願いします。

           
  


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です