★ 本日の戦略 : 底打ち気配に順じた打診買い!

おはようございます。

昨日のNY市場は反発。朝方こそ北朝鮮リスクを嫌気した売り物に押されて21,673ドル(-135)まで下落したものの、良好な8月CB消費者信頼感指数や6月ケースシラー住宅価格指数が下支えとなり 引けにかけては買い優勢で推移。セクター別ではリスク回避による長期金利低下を嫌気した銀行セクターが売られてた一方、最高値を更新したアップルをはじめハイテク関連が堅調に推移。

NYダウのテクニカルは5日・10日線のゴールデンクロス、5日ぶりの10日線上回復、陽転間近のMACDなどにより調整完了期待を強める良型に。ドル円も109.77円に控える20日線を上抜けるようならトレンド陽転が視野に。

big (3)

NYダウ 21,865ドル +56、ナスダック 6,301 +18
米10年債 2.131% -0.028、NY原油 46.44 -0.13

為替 109.66円/ドル、日経先物(夜間)19,480円 +100

□ 本日の展望 : リバウンド優位
NY株やドル円の反騰ムードを好感した買い優勢の展開が本線。ただし、トランプ大統領が抱える国内外の不安要因に変わりはないため、19,500円台では戻り売りが上値の重しとなりそうです。想定レンジは19,350~19,550円

Mchart-mchart

★ 本日の戦略 : 底打ち気配に順じた打診買い!
上記NYダウ、ドル円とともに日経先物も昨晩安値(19,250円)からの急反発により底打ち期待が浮上しています。現在2.1%台の米10年債利回りの下値余地の乏しさも踏まえれば、NY市場での「債券売り・株式買い」 → ドル円上昇 → 来週末のメジャーSQに絡めた先物主導の意外高も視野に。

直近の多めの余力維持、先週のインフォテリア(3853)や昨日の☆ デジタルアドベンチャー(4772)の急騰よるアドバンテージも念頭に、以下の優先順位にて軽めの強気度アップを計りたいところ。

(1) 
好トレンド持ち株の買い増し ★Sラボ主力銘柄の買い増し→ ☆ 5218 オハラ、☆ スポット6000番台銘柄の買い増しの順に検討。買い増し条件は昨夕の会員サークルを参照ください。

(2) 好トレンド銘柄の新規買い : 個人嗜好の薄商いハイボラ銘柄ではなく、ディーラー嗜好のまとまった出来高を有するものを選択。ただし、東証主力系は当面は資金効率、スピード感に難が残りますので、主役クラスの中小型株からの選択がおススメ。

・ ストレス玉や弱トレンド銘柄の売却時を思案されていた方は何よりもそちらを優先してください。

・ 余力に関しては、従来の「3割+買い増し分」から「3割前後」に落とすイメージで。

☆ 新スポット銘柄
年初から株価約3倍を達成したアカツキ(3932)の~(略)~を念頭に、現値から20%強の上昇を目標として本日から仕込みを開始!

『 リスクを正視して分解する! 』

※  8/21~31スタートコースの新メンバーさん募集は今日まで!

    ※ 今なら8月分は無料!

 
4343aquab02-001   

では 本日もよろしくお願いします。

           
  


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です