■ 午後の戦略 : 押し目買い・上昇時の売りすぎ注意!

前場の日経平均は急反発。NY株式市場は米中貿易摩擦の悪化懸念から急落したものの、前日中に織り込んでいたために買い優勢でスタートすると、ドル円の112円台乗せに呼応して先物主導で22,200円台まで上昇。東証主力株はNY原油急落を嫌気して5020 JX、1605 帝石、6366 千代建などが売られた一方、9984 ソフトバンク、9983 ファストリ、4523 エーザイ、4543 テルモなどが指数高を牽引。

中小型株は 4829 日本エンター、6183 ベルシステム、7718 スター精密、4579 ラクオリア創薬などに短期資金が流入。新興主役クラスは高安マチマチ。

□ 午後の展望 : 押し目買い優勢
お伝えしている「先週後半からの過度のリスク回避志向の緩和」トレンドに沿った押し目買い優位の展開がメイン。想定レンジは22,000円付近から22,200円台前半。

■ 午後の戦略 : 押し目買い・上昇時の売りすぎ注意!
目先の前提としている22,000円台前半の持ち合い(≒ 22,500円の壁の厚さ)、現在開催中のNATOサミットや対中貿易制裁合戦におけるトランプリスク、(一昨日の利確進行 → )昨日の突っ込み買いなどの背景を踏まえれば、現値付近での積極的な買いは見送りながら、「ターゲットと買い条件を絞りつつ、利確は必要最小限に留める」スタンスで臨みたいところ。

では午後もよろしくお願いします。


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です