□ 日経平均(大引け) 22,738円 -227、テクニカルの「正念場」には要注意

本日の日経平均は急反落。3日続伸や節目の23,000円を意識して利確バイアスが高まっていたところに、前日のNY市場にてFRBの利上げピッチ加速思惑や中国への追加関税報道が嫌気された事で売りが先行。NYダウ先物やドル円の底堅さが下支えとなり22,898円(-67)まで切り返す場面もあったものの、引けにかけては先物主導で売り直される展開に。昼前に発表された中国5月マクロ指標が軒並みコンセンサスを下回った事も重石。
東証主力株は機械セクターを中心に概ね軟調。中小型株は 4384 ラスクル、7238 曙ブレーキ、6192 ハイアス&C、7172 JIAなどに短期資金が流入。

日経平均 22,738円 -227、Topix 1,783 -16

225先物(9月限) 22,700円、為替 110.05円/ドル

NYダウ先物 25,158ドル -26

■ テクニカル : 9日ぶりの5日線割れにより5/30安値(21,931円)からの短期上昇トレンドは一服。22,600円台後半に控える10日線や転換線を割り込むようなら、遅行スパンの実線割れも絡めた調整トレンド入りに警戒。

big (17)

【ウォッチ銘柄】 
△ 8308 りそな
JPモルガンの投資判断引き上げ(中立→強気、600円→740円)を好感して逆行高。

△ 5218 オハラ
18年10月期経常益予想を20億円から29億円、配当予想を20円から30円に上方修正。即転狙いで注目。第1Q営業益が通期予想を超過した丸善CHI(3159)、第3Q業績が通期予想超過の明豊エンター(8927)、今期黒字転換予想の菊池製作所(3444)は~(略)~。

△ 1716 第一カッター
18年6月期経常益予想を16.62億円から21.61億円に30%上方修正。

△ 3180 ビューティーガレージ
18年4月期経常益は従来予想を約9%上回る6.53億円で着地。今期も前期比+14%とまずまずの成長を予想。

〇 1570 NF日経レバレッジ
「日経高へのヘッジ」狙い、ポートフォリオの地盤固め目的で継続注視。明日も20,500円付近までを買い下がりつつ、21,000円付近では軽めに利確。20,●00円割れに際しては半数手仕舞いの後、地合いの落ち着きを確認しながら買い直しを計っていってください。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

では 本日もお疲れさまでした。

 ☆ 月曜からの新スポット銘柄は今だけこちらで公開中。

             

    


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です