□ 日経平均(大引け) 22,694円 -128、リバウンド一服

本日の日経平均は5日ぶりの反落。昨日までの4日続伸、600円超の上昇にて利確バイアスが高まっていたころに、NY株やドル円の上昇一服感、G7・週末前のポジション整理などが重石に。日経平均のテクニカルは上昇一服感を強める格好。6月SQ値は22,825円。

東証主力株は、米半導体株の軟化を嫌ってSUMCO、6857 アドバンテスト、8035 東京エレクなど半導体セクターが売られた他、概ね売りが優勢。中小型株は 中小型株は 4579 ラクオリア、3356 テリロジー、3858 ユビキタス、6177 AppBank、9692 シーイーシー、4022 ラサ工業、4996 クミアイ化学などが商いを伴って大幅高。

日経平均 22,694円 -128、Topix 1,781 -7

225先物(9月限) 22,610円、為替 109.59円/ドル
NYダウ先物 25,202ドル -60

big (2)

【ウォッチ銘柄】
△ 9743 丹青社
第1Q経常益はコンセンサスの19億円を上回る25億円で着地。通期進捗率は52%の高水準。

■ 後記
: 来週のマーケットは、今週末のG7や米朝会談におけるトランプ・リスクの浮沈、FOMCにおける米長期金利政策の行方が注目ポイント。

総じて「サプライズなし → 押し目買い優位の相場つき継続」を本命視していますが、米国債売り(金利反発)・株式&ドル買いに一服感が生じていますので、材料への過剰反応 ≒ テクニカル&需給主導の乱高下には警戒しておきたいところ。

※ 来週のNY展望はこちらで日曜午前中までに、無料メルマガは同15時配信予定です。
             
button3


では 今週もお疲れ様でした。

良い週末をお過ごしください。
             

      


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です