■ 午後の戦略 : リスクとバランスに配慮!

前場の日経平均は、昨日までの4日続伸の反動に加えて、ドル円のリバウンド一服感、日米首脳会談で再確認されたトランプ氏の強圧的な通商政策などを重石に22,727円(-95)まで下落。一時22,879円(+55)まで反発する場面もあったものの、前引けにかけては22,700円台後半で弱含む展開に。

東証主力株は、米ハイテク株の利確ムードを受けて3436 SUMCO、6857 アドバンテスト、8035 東京エレクなど半導体セクターが売られた他は高安マチマチ。

中小型株は 4579 ラクオリア、3845 アイフリークモバイル、3858 ユビキタス、9992 理研グリーンなどジャスダックの一角に資金が流入。

□ 午後の展望 : 模様眺め
G7や米朝会談の結果を見極めたいとの向きから積極的な売買が手控えられる22,700~22,800円台半ばでの持合い継続がメイン。「SQ通過後の先物主導の乱高下」に関してはドル円に異変がなければ過度の警戒は不要となりそうです。

■ 午後の戦略 : リスクとバランスに配慮!
諸イベントに絡めたトランプリスクや目先調整優位のテクニカルに順じて3割+アルファの余力確保を優先しながら、日経レバ(1570)を含む東証主力系と中小型株系のバランスに配慮したポジション調整を進めていきたいところ。

★☆4銘柄も従来戦略を踏襲。

【ウォッチ銘柄】
△ 4579 ラクオリア創薬
勘助氏注目中。市場心理の隙を突いたテコ入れにチョウチン資金が流入。

△ 3858 ユビキタス
「村田製作所(6981)と起動2秒のWiFiモジュール開発」報道を好感。

☆ 6235 オプトラン
5/31 3,675円 → 6/8 3,995円 +320 8.7%上昇
前場高値3,995円にてご提案当初の目標株価下限(4,000円)は概ね達成!買い直しが効きにくくなっていますので、目先はマイルドな調整に期待。

big (1)

では 午後もよろしくお願いします。


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です