□ 日経平均(大引け) 22,960円 -42、薄商いが懐疑心を示唆

本日の日経平均は反落。米中貿易交渉を好感した前日の23,000円超えによる達成感が上値を抑えた一方、22,900円台では押し目買いや売り方の買戻しが下支えに。主要セクターは素材エネルギーが軟調、東証主力株は高安マチマチ。昨日に続く「東証1部の出来高13億株割れ」が市場の様子見心理を示唆。

中小型株は 3652 DMP、3773 AMI、4764 SAMURAI、2427 シンワアート、1400 ルーデンなどに短期資金が流入。

日経平均 22,960円 -42、Topix 1,809 -4
225先物(3月限)22,960円 為替 110.95円/ドル
NYダウ先物 25,028ドル +26

■ テクニカル : 4日連続の下値切り上げにより3/26を底値とする上昇トレンドを継続。引き続き、上値は23,500円、下値は10日線(22,779円)と22,500円水準が強めの抵抗帯として意識されます。

big (1)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 6727 ワコム
勘助氏注力中。2月の戻り高値超えによりテクニカル良化が顕著に。過熱感なく上値を切り下げてきましたので、さらなる躍進に期待。

△ 3652 DMP
会員サークルでは5/7 6,200円台から注目後、昨日までの11日で40%強の上昇。昨日の過熱気味な上昇から1割調整で落ち着きを取り戻しつつありますので、割り切り押し目買いで再注目。週初のメルマガ銘柄ではTKP(3479)、三井金属(5706)もケア。

★ 6432 竹内製作所
5/16 2,572円 → 5/22 2,766円 +294 7.5%上昇 
(週初のメルマガでお伝えした)決算シーズン終盤からの「強気ポジション戦略第2章」の中核として注力中。

好業績&円安メリット(想定レート103円)企業への国内ディーラー筋の見直し買い機運に加えて、米中貿易摩擦リスクの軽減も潜在的な下支えに。第一目標は数週間での3●00円超えとなりますが、トランプ大統領が中間選挙対策で大規模なインフラ政策に踏み込むようなら・・・!

big (3)

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらも是非!!
             

    


5/21~31スタートコースの新メンバーさん募集中!
         今なら5月分の参加費は無料です!

4343aquab02-001   
             


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です