遠隔の自主管理でトラブルの一次対応をするには・・・

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============

おはようございます、ぺんたです。

同じ街に物件を持つ遠方の仲間が営業回りをするので同行して欲しい・・・という依頼を受けたので時間を作って同行してみました。

その大家さんの物件は地元の大学近くで、新学部が創設され需要が増えていて、かつアパートが足りていないエリアです。普通に考えたら満室になりそうなものですが、2割も空室を抱えています。

「管理会社の社長がのらりくらりで、あんまりやる気がないみたいなんですよね・・・」

と言うのでどんな社長かな?と思っていたら、やはりのらりくらりでした(笑)地方でよくみかけるタイプです。

商談のなかで仲間の大家さんがいくつか質問をしても直接的には答えず、違う話題を持ち出して逃げる・・・というパターンでした。小一時間滞在していましたが収穫はほぼゼロ💦

管理会社を辞去したあと仲間の大家さんには明らかに徒労感がにじんでいました。

===

そこから移動する途中で、

「やっぱり管理会社を変えないとどうにもならないと思う・・・」

仲間の大家さんがポツリと言います。

「うん、あの様子じゃね・・・(^_^;」

と私も同調します。でもここから少し話が予想外の方向に向かいます。

「当面自主管理して、その間に新しい管理会社を探そうと思うんですよね」

(ほう!そういう方法もアリだな・・・うんうん(^_^))

「で、自主管理の間のことなんですけどね、私は遠方ですぐに対応できないので、地元に密着しているぺんたさんに、トラブルが起こったときの一次対応をお願いできないかと思いまして。」

というではありませんか。もちろん仲間の窮地を助けたいという思いはあるものの、自分の物件でも自主管理出来ていないのに、人の物件を預かるというのは現実的ではありません。

少し長めの沈黙のあと思い付いて、

「プロパンガスの業者さんを変えてみたらどうですか?」

と提案してみました。
pixta_10283571_XL-min-640x427

私がほとんどの物件でガスを供給してもらっている業者さんには専任のリフォーム部隊があります。設備工事が全てできる工事部隊もいますのでそこが最適そうです。

そういうことを説明したうえで、

「自主管理ですからトラブルの連絡はご自身で受けてもらって、そのあと現場に急行してもらうのはガス屋さんにお願いしたらいいと思うんです。ガスを切り替えると言ったら乗ってくれると思いますよ・・・(^_^)」

急遽そのガス屋さんにアポを取って仲間の大家さんを紹介させてもらいました。そして事情を話したうえで一次対応が可能かどうかを問いかけると、

「そういう対応は可能ですよ(^_^)」

という回答でした!!ガス供給の商談は当事者同士でやってもらうことにしてガス屋さんを退出しました。

後日ガス屋さんから電話があり、新しいお客さんを紹介してもらってありがとうございました!ということだったのでwin-winの商談がアレンジ出来たようです。

よかった~!

===

しかしアドリブで思い付いたこととはいえ、よく考えたら私自身が遠隔大家になったときに同じやり方が適用出来そうです。

新しい気づきを頂いた1日でした(^_^)

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============



Source: ぺんたの地方不動産投資日記

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です