□ 日本市場展望(5/21~25): 高値圏の持ち合い!

□ NY市場展望 : 不安材料軽視のリバウンド基調継続!
5/17,18に開催された米中貿易交渉は共同会見を見送る体たらく。この件による「米中貿易摩擦リスク」の高まりの他、米大使館のエルサレム移転やイラン核合意離脱によるに中東情勢の混乱、ロシアとの軋轢などを踏まえれば、ファンダ面では“不確実性”の高い状況が続いています。

ただし、最も重要視される「米長期債利回りと株価の関係」において、先週後半は米10年債利回りの上昇局面での株価の動揺は限定的となっているため、今週も5月上旬からの「債券売り・株式買い」のポジティブトレードの継続が本命視されます。想定レンジは24,400~25,200ドル。

big (11)

■ 日本市場展望 : 直近高値圏の持ち合い!
NY株式市場は需給陽転による堅調地合いが想定されるだけに、日経平均は22,600~23,000円前後の強含みの推移がメイン。国内政治においても野党サイドの妨害一服による各種重要法案の審議前進を外資勢が好感する余地が高まっていますので、米長期金利(≒ドル円)の上昇とNY株高がセットになった場合には23,500円水準までの上ブレも視野に。

big (12)

反面、トランプリスクへの懸念が高まる際には22,400円水準までの下押しに警戒。

個別株物色に関しても、18年3月期の純利益が前期比で35%も増加したのに対して、19年3月期は保守的な予想をはいえ2%の減益を見込んでいるだけに「横並びの株高」は期待薄。よって、売買戦略は過度の悲観や楽観を排除したテクニカル主体のもので取り組みたいところ。

【主な政治経済イベント】
5/22(火)米決算:HP
5/23(水)米FOMC議事録、4月新築住宅販売、決算:ターゲット、ティファニー
5/24(木)米4月中古住宅販売、決算:ギャップ
5/25(金)米4月耐久財受注

週末も応援よろしくです!☆★ 先週水曜からの6400番台銘柄は今だけこちらで公開中!
             


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です