「白紙委任状」はおっかない・・・(^_^;

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============

おはようございます。ぺんたです。

元自宅の土地を売却した話を以前書きました。いろいろありましたが3月末に無事売却出来ました。

◎関連リンク 土地の売却決済で権利証忘れ

ここは家内の実家だったところを家内が相続したのですが、土地の半分はお義姉さんのものでした。私の車が停まっているあたりがお義姉さんのものです。
IMG_20171105_093054

2人の娘を溺愛していたお義父さんが造成宅地を2コマ買って、当初からそれぞれを娘にあげようと思っていたようです。片方のコマに自宅を建てて、もう片方は広大な庭になっていました。

売却に際しては2コマを一体として売却したほうがなにかと好都合だろうということで家内とお義姉さんが共同で売りに出したわけです。

===

いろいろあったすえ建売業者さんが2コマとも買ってくれたのですが、決済前にヒヤリとする場面がありました。

仲介の担当者が決済前に電話してきて、

「お義姉さんが決済に参加されないようでしたら、奥様宛の委任状を頂く必要があります」

ということだったので仲介さんからお義姉さんに委任状を郵送してもらいました。お義姉さんは遠方に嫁いでいるので参加できないからです。

ところが委任状を受け取ったお義姉さんから家内に電話があり、

「いくらなんでもこの委任状にハンコを押すのは怖いわよ・・・💢」

「・・・??」

と微妙な雰囲気になったそうです。

詳しく聞くと、委任状には物件の表示と「下記の者に決済時の署名捺印・代金の受領を委託する」という記述はあったものの、委任先の欄が空欄になっておりぱっと見「白紙委任状」のようになっていたそうなのです。

(そりゃ怖いわ・・・(^_^; )
33-202

契約締結時にもお義姉さんに委任状を書いてもらったのですが、その時には委任先として予め家内の住所・氏名が記入されたものだったためすぐに捺印してくれました。

ところが今回は空欄になっており、送付状にも「捺印してすぐにご返送下さい」とあったらしく、

(こんなものに捺印できないよ~💦)

という反応になってしまったようです。

一報を受けて私からすぐに仲介さんに電話してお小言を言いました。もちろん仲介さんに変な意図はありませんでしたので単純なケアレスミスです。

「予め家内の住所・氏名を記入してくれるか、送付状に『妹さんの住所・氏名を自署して下さい』とでも書いておけばよかったのに・・・(^_^;」

という趣旨のことを言うと謝っておられました。

===

皆さんもご存じだと思いますが、白紙委任状は危険です。

あとから内容を記入すれば何でもできちゃうからです。今回は厳密な意味では完全な「白紙」ではありませんが、それでも売却代金を誰かに盗られてしまう可能性だってあります。

委任状にハンコをつく時には「何を」「誰に」委託するのかがちゃんと記入されたのを確認するようにしましょうね・・・。

ちなみに白紙委任状を誰かが悪用した場合、訴訟を起こして盗られた物件や代金を取りかえさないといけません。

訴訟には勝てるらしいですが時間と労力を浪費するうえ、盗られたものが返ってくるとは限りませんからね・・・(^_^;

===

私から小言を言われた仲介さんが大至急再送した委任状を受け取ったお義姉さんから再び電話がありました。

「委任先に妹の住所・氏名は予め書いてあったけど、こんどは委任事項がなかったわよ・・・(笑)」

私から怒られて大慌てだったのでしょうw キツくいい過ぎたかなぁ??

おあとがよろしいようで(^_^)

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============



Source: ぺんたの地方不動産投資日記

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です