■ 午後の戦略 : 良識的な調整と意外高の双方をケア!

前場の日経平均は、NY株安が利確売りを誘発して寄り付き早々に22,076円(-114)まで下落すると、売り一巡後は国内輸入企業のドル買い円売りに起因するドル円の騰勢が下支えとなりしっかりと推移。東証主力株は 素材エネルギー関連や不動産・金融が堅調な一方、半導体セクターが軟調。中小型株は 3271 Theグローバル社、7516 コーナン商事、6656 インスペックなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : ドル円の上昇がサポート

107円台後半まで上昇しているドル円をサポートとする底堅い推移がメイン。想定レンジは21,050~22,300円。

■ 午後の戦略 : 良識的な調整と意外高の双方をケア!
「3割前後の余力維持、20日線(21,509円水準)までの買い下がり」狙い、余力を空けすぎているとお感じの方や強気派の方は★ 日経レバの小口買い増しを検討いただく従来戦略を継続。

【ウォッチ銘柄】

△ 5480 日本冶金工、5721 Sサイエンス
ニッケル市況の騰勢を受けて主力非鉄株が堅調。穴狙いならこの辺の古典的仕手株もケア。
        (会員サークルより)
  
△ 2768 双日、5706 三井金属
東証主力銘柄を中心に運用されている方は、全体戦略でお伝えしている素材エネルギー関連から、テクニカル良化が顕著なものに注目。※ 近似チャート銘柄の増やしすぎにはご注意ください。

では 午後もよろしくお願いします。

Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です