□ 日経平均(大引け) 21,847円 +12、マザーズ指数は年初来安値更新

本日の日経平均は小幅続伸。前日のNY台は大幅高(+212ドル)となったものの、前日中に相応部分を織り込んでいた事やドル円の軟勢がネックとなり弱含みで寄り付くと、引けにかけては日米首脳会談を前にした様子見ムードの強い流れに。昼前に発表された中国1ー3月期GDPは予定調和によるコンセンサスの着地 → 無風通過。東証1部の出来高は13億株、売買代金は2.12兆円。

東証主力株は 9983 ファストリ、8028 ユニーファミマ、6964 ファナックの3銘柄で日経平均を43円底上げした以外は売り優勢。中小型株は 6573 アジャイルメディア、6575 HUMANA、3935 エディア、9753 アイエックス・ナレッジ、6835 アライドテレシス、3194 キリン堂などが商いを伴って急騰したものの、年初来安値を更新したマザーズ指数が市場マインドの軟化を示唆。

日経平均 21,847円 +12、Topix 1,729 -6
225先物(3月限)21,830円 為替 107.07円/ドル
NYダウ先物 24,685ドル +122

■ テクニカル : 直近レンジ内での上下幅の小さい推移により、本日も方向感は生じず。現在の21,905円から週末に21,500円台まで切り下がってくる‘均衡表の雲下限’の上値抵抗力が注目されます。80%前後まで上昇しているRSI(9日)やストキャスD(13日)を踏まえれば、再度20日線(21,440円)の底堅さを試す動きにも要注意。

big (7)

【ウォッチ銘柄】
△ 1860 戸田建設
18年3月期経常益予想を272億円からコンセンサスを1割上回る33億円に上方修正。短期回転狙いで注目。

▼ 6047 Gunosy
三菱証券の目標株価の半額修正を嫌気して急落。数日以内に1,800円台を回復できないようなら長期低空飛行に警戒。

▼ 3994 マネーフォワード
好業績を囃した買いも寄り付き早々に一服。引け味の悪さからは当面は戻り売り主導の展開に警戒。


△ 6723 ルネサス
商いを伴った続伸にて反騰ムードが更にアップ!中長期対応分は押し目買い、上昇時の売りすぎ注意で臨んでください。

では 本日もお疲れ様でした。お帰り前にこちらも是非!
             

      



Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です