◆ニンテンドーラボ向けに段ボールを供給していたのはレンゴー(3941)か

段ボール国内最大手のレンゴーが人気家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」と合体させて遊ぶ「ニンテンドーラボ」向けに段ボール製品を供給していることが、事情に詳しい複数の関係者への取材で分かった。ラボ向けの部材供給企業が明らかになるのは初めて。

匿名を条件に取材に応じた関係者によると、レンゴーは段ボール部品に携わる業者の1社として製品を供給している。ラボはスイッチのコントローラーと段ボールを組み合わせピアノや釣りざおなどに仕立てて遊ぶ工作キットで4月20日の発売予定。任天堂では子供を中心にファミリー層などの新規ユーザーを取り込む狙い。

引用:レンゴーが任天堂に「ラボ」向け段ボール供給、来週発売-関係者

“レンゴーは段ボール部品に携わる業者の1社として製品を供給している”とありますが、ニンテンドーラボ関連思惑で買われた段ボールメーカー株の大村紙業(3953)などはニンテンドーラボとは関係なさそうな感じですかね。

3941 レンゴー [東1]
2018-04-13終値943 前日比+14(+1.51%)
PER   :(連)22.24倍
PBR   :(連) 0.93倍
配当利回り:1.27%
信用倍率 :0.70倍
時価総額 :62,556.06億円
単元株数 :100株


本日出来高急増となってますが、“会社全体の生産量の中ではラボ向け製品は一部にすぎない”とあるので、そこまで大幅に業績へ寄与してくるとかではなさそうな感じですかね。

ニンテンドーラボは来週20日(金)発売予定となってますが、ブルームバーグの記事内容が材料視されてくるか、週明け月曜からの取引に注目してみたいと思います。

ちょっと手掛かり難なので個人的には「チェックしておくべき株情報」でまとめているような影響力がありそうな人やサイトが配信している情報をチェックしたりしていますが、流れに上手く乗るにはやはりアンテナをしっかり張るのが大切だと思います。

注目銘柄の推移で株情報サイトが配信した銘柄の推移を書いたりしていますが、トリプルエー投資顧問ファーストリッチV.I.P投資顧問など、相場やテーマ株を分析して上値期待が高そうな銘柄情報を配信してきている印象なので、手掛かり難、買い材料難で今どういう銘柄に注目すればいいのか分からないって人は、試しにでもアドレス登録(無料)して配信情報をチェックしてみることをおすすめします。

株業界で著名なアナリストやキャリアがある元証券マンなどが顔を出している投資顧問が配信する銘柄は、投資家の関心が向かいやすいのではと思われるのでチェックしておいて損はないと思います。

トリプルエー投資顧問はいま厳選有力3銘柄情報を無料で配信ているので、まだ配信情報を見た事がないって人は、試しにみてみる良い機会ではないでしょうか。

いま厳選有力3銘柄情報を無料で配信してます⇒

株はどんな地合いのときも情報戦です。

相場の流れに上手く乗れるよう、期待値が高そうな銘柄情報を要領良く集め取引していきたいものですね。

Copyright © 2018 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信 All Rights Reserved.

Source: 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です