★ 本日の戦略 : テクニカル重視の強気スタンス継続!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は急反発。トランプ米大統領がシリア攻撃について「いつ攻撃するかを言ったことはない」と発信した事で、地政学的リスクが後退して「債券売り(金利は上昇)・株式買い」が進行。週末から本格化する企業決算への期待も追い風に一時402ドル高まで上昇すると引けにかけては利確売りが重石に。ナスダックはインテル、シスコ、エヌビディアなど半導体セクターが買われて4月高値を更新。

big (7)

NYダウ 24,483ドル +293、ナスダック 7,140 +71
米10年債  2.839% +0.049、NY原油 67.07 +0.25
為替 107.26円/ドル、日経先物 21,840円 +180

□ 本日の展望 : 買い優勢 ± 外資動向
NY株高を好感した堅調スタート後、引けにかけてはトランプリスクへの警戒感や週末のポジション整理が重石に。想定レンジは21,700~21,900円台半ば。国内筋の様子見・リスク回避姿勢を逆手に取った外資勢による先物主導の上値追い → 21,000円超えも楽観シナリオとして念頭に。

big (8)

★ 本日の戦略 : テクニカル重視の強気スタンス継続!
マーケットはおろか米軍人とその家族を愚弄し続けるトランプ大統領の言動には辟易しますが、シリア攻撃が回避される見込みが生じている事や日米株価指数のテクニカル良化気配を念頭に、今週水曜からの「強気度アップ第2章」を念頭に置いた以下のイメージを継続していきたいところ。

・好トレンド持ち株の「悩んだら小口買い増し」& 売りすぎない勇気・回転メドの長め修正、・★ 1570 日経レバに続く『新たなポジションの中核銘柄候補』=★ 新Sラボ主力銘柄の買い増し狙い。

※ 米国のシリア攻撃の芽は残りますので、ストレス玉は前場中に縮小して3割前後の余力維持を計っていってください。

★☆Sラボ銘柄は昨夕の戦略を踏襲。個別全般に「朝高後に伸びを欠く」傾向が続いていますので、前場の買いは気持ち控えめ、引けにかけての押しは強めに拾うのがおススメ。
    (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

【ウォッチ銘柄】
△ 6752 パナソニック 
中国での車載用リチウムイオン電池などの車載事業の売上高を22年をメドに17年度比5倍に増やす方針との報道。一帯一路が実質的に破綻している中での中国事業強化はハイリスクですが、数少ない成長市場だけにやむをえず。

△ 6050 イーガーディアン
21年9月期をメドに営業益を今期比1.6倍の15億円程度に引き上げる方針との報道。

『 腰を落として溜めを作る! 』

では 本日もよろしくお願いします。

           
  



Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です