◆クレジットカード関連銘柄、電子マネー関連銘柄

8316 三井住友フィナンシャルグループ [東1]
2018-04-10終値4,480 前日比+7(+0.16%)
PER   :(連)10.03倍
PBR   :(連) 0.60倍
配当利回り:3.57%
信用倍率 :5.03倍
時価総額 :63,367.06億円
単元株数 :100株


昨日9日付で日本経済新聞に掲載となっている「キャッシュレス後進国ニッポン 経産省テコ入れへ」という記事を読んで、クレジットカードや電子マネーなどが関連テーマとしてあげられそうな銘柄を色々とみてみたのですが、三井住友フィナンシャルグループ(8316)、みずほフィナンシャルグループ(8411)、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)のメガバンク3行は1月高値から株価をだいぶ下げたものですね。

3銘柄とも似たようなチャートとなってますが、そろそろトレンド転換してこないものですかね。

割安感が強まっている印象を受けたので、5日移動平均線が25日移動平均線を上抜けてくるか、目先の取引に注目してみたいと思います。

その他、注目の銘柄情報を要領良く集めたい人は

最近は無料で株関連情報を配信している投資顧問が多く、無料情報でも高い上昇実績を残してきていたりします。

※投資顧問とは
顧客に対して有価証券やデリバティブ取引への投資について助言し、または投資一任を受けて、対価を得る企業。日本では、通常、金融商品取引法に基づき財務局へ登録された金融商品取引業者のうち、特に投資助言業務または投資一任業務を行う企業を指す。(ウィキペディアより)

投資顧問はたくさんありますが、業界で著名な人が顔を出してるサイトや、業界長いサイトなど、利用者が多そうなサイトは取り上げられる銘柄へ資金が向かいやすかったりすると思うので、まだ配信情報を見たりしたことがないって人は、試しにでも一度チェックしてみた方がいいと思います。

登録無料で使えるおすすめ投資顧問3選

実際に配信情報をチェックしてみておすすめの投資顧問をピックアップ!

グラーツ投資顧問
グラーツ投資顧問

芸能人の錦野旦さんがイメージキャラクターをしているサイトですが、無料提供銘柄の82%が1ヵ月以内に株価10%以上を達成(2017年1月提供分)と、無料銘柄でも確かな実績を残してきています。伊東聡さんや藤井英敏さんやなどがアドバイザーとして参戦していて、旬なテーマに絡んだ銘柄情報などをリアルタイムに提供してきています。

登録無料

V.I.P投資顧問
V.I.P投資顧問

日興証券OBの人が代表をしていて、日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)認定アナリストが多数在籍しているサイト。テクノファンダメンタル分析を習得したアナリストが在籍していることもあってか、無料銘柄でも推奨銘柄の推移がなかなか良い印象。市場が開く日は朝・夕に無料でアナリストレポート「今日の相場観」を配信してくれます。

登録無料

イーキャピタル
イーキャピタル

創立15年以上になる老舗サイト。長く相場をみてきているサイトの一つと言えそう。業界長く利用者がだいぶ増えているからか、取り上げられた銘柄に注目が集まりやすい印象。 チェックしてみたら分かると思いますが、とにかく情報量が豊富で面白そうな銘柄情報を配信してきています。無料モニター参加で渾身の一発逆転銘柄を受け取れます。

登録無料

上記3サイトは「**財務局長(金商)第***号」といった金商の表記がサイト上にありますが、財務局への金商登録なく投資助言を行うのは違法なので、もし今どこか他に利用しているサイトがあるって人は、ちゃんと金商登録があるサイトか確認してみるようにしましょう。

投資顧問が配信する銘柄情報をチェックしてみることをおすすめする理由

  • 旬な銘柄、テーマ株、買い材料にいち早く気づけたりする。
  • いつも相場を見ている人の情報は何かと的を得ていて参考になる。
  • 取り上げられた個別株に投資家の注目が集まりやすいのではと考えられる。

サラリーマン投資家は特に情報を集める時間がなかったりで、旬な銘柄、テーマ株、買い材料などを見逃しがちだったりするのではないでしょうか。

私はフリーアドレスを作って上記全て配信登録してますが、寄りつき前にサラっと読むだけでその日の注目しておいた方が良さそうな点や面白そうな銘柄情報などを知れたりするので、上手く立ち回れてないって人は冗談抜きに登録無料なので試してみることをオススメします。

配信情報を見ている人と見ていない人とでは、狙える銘柄の幅が違ってくるのではないかなと思います。

株用のフリーアドレスを作って配信登録しておくと株関連情報をまとめてチェック出来たりで便利ですよ。

株はどんな相場のときも情報戦です。

相場の流れに上手く乗れるよう、少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報はしっかりチェックしておきたいですね。

Copyright © 2018 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信 All Rights Reserved.

Source: 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です