窓枠の修繕(偽装)

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============

おはようございます、ぺんたです。

入居が決まった部屋のリフォームを仕上げているとき、いままで見逃していた修繕箇所が見つかりました。

サッシの窓枠が朽ちてボロボロになっていたのです。たぶん結露か雨漏りの影響でしょう。

すぐに大工さんを手配しようとしたのですが繁忙期なので入居日に間に合いません。仕方ないので自分で修繕することにしました。

といってもシロウトなので「偽装」レベルの修繕ですがね・・・(^_^)

===

何も痛んでない状態の窓枠はこんな感じです。
DSC_1632

ところがサッシの上辺だけは朽ちて垂れ下がっていました。薄いベニア板をL字に組み合わせて上からシートを貼っただけの非常にしょぼい構造でした。昭和のパナホームってこんなもんなんですね。

ビフォーの写真を撮り忘れたので、朽ちた部分を外したあとの写真はこんな感じです。
DSC_1630

DSC_1631

壁の中に木の芯材が入っているのが確認できましたので、ここに新しい窓枠もどきを取り付けることにしました。

ホームセンターでL字の木製アングルを買って来て・・・
DSC_1633

色味を合わせるためにオイルステインの濃い色も用意しました。
DSC_1635

こいつでL字アングルを2回塗装して窓枠と近い色にして・・・

DSC_1634

内側に木工用ボンドをたっぷり塗って。。。
DSC_1636

手元にあったフローリングビスで取り付けます。
DSC_1637

ビス留めしたあとはこんな感じです。
DSC_1639

DSC_1640

思ったよりも収まりがよく、入居者も大家が偽装修繕したとは気付かないでしょうね(^_^) 大工さん呼ばなくてよかったかも・・・。

今回の修繕は

・オイルステイン 1500円ほど
・L字アングル 1000円ほど

で済みました。オイルステインは実際に使った分量は100円分もしないと思いますので非常に安価なコストで済みました。

やってみるもんですね~。

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============



Source: ぺんたの地方不動産投資日記

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です