■ NY展望(4/2~6) :トランプリスク + 景況感

【主な政治経済イベント】
4/2(月) 米3月ISM製造業景気指数
4/4(水) 米3月ADP雇用報告、3月ISM非製造業景気指数
4/5(木) 米2月貿易収支
4/6(金) 米3月雇用統計

■ NY市場展望 :トランプリスク + 景況感 
複数かつ多方面のトランプリスクに対する警戒感が重石となる一方、NYダウのPER13倍割れによる長期的な割安感長や良好なマクロ指標が下支えとなる方向感の乏しい流れがメイン。想定レンジは23,700~24,500ドル

1月以降の高値を結んだレジスタンスラインに上値を押さえられているテクニカル、5月の米朝会談や米中貿易交渉の先行き不透明感、トランプ大統領のアマゾン叩きやフェイスブック問題など豊富なファンダ面の弱材料も踏まえれば、リスクシナリオとしては23,500ドル割れにも要警戒。

big (6)

楽観シナリオとしては、第2四半期入りの特殊需給による(2月以降とは反対の)好材料に過剰反応した場合や~(略)~に際しての25,000ドルトライを軽めにケア。

債券市場は3月FOMCにおける「FRBの長期的マイルドな利上げ方針の確認」により安定味を増していますので、株式市場との短期的な相関性低下が予想されます。 = 為替・長期債利回りともに平時に比べれば注目度低めでOK。
      (今朝の会員サークルより)

※ 来週の戦略は展望は明日15時配信の無料メルマガを参照ください。
             
button3


週末も応援よろしくです!
          

    


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です