【株式投資】来週から4月相場入り 注目の経済指標は?


【株式投資】来週から4月相場入りとなりますが、注目の経済指標は下記のような感じですかね。


4月2日
3月日銀短観
3月新社販売台数
米3月ISM製造業景況指数


4月3日
3月マネタリーベース
米3月新車販売台数


4月4日
米3月ADP雇用統計
米3月ISM非製造業景況指
2月ユーロ圏失業率


4月5日
日銀「生活意識に関するアンケート調査」
米2月貿易収支


4月6日
2月景気動向指数
2月毎月勤労統計調査
米3月雇用統計



日銀短観では、大企業製造業業況判断(DI)は前回と横ばいの25が予想されているようで、6日の米3月雇用統計は非農業部門雇用者数が18万9000人増と、2月の31万3000人増に比べ鈍化すると予想されているようです。

4月は過去実績をみると海外投資家が日本株を買い越すケースが多いようですが、日本経済新聞が今日30日で掲載している記事『株、4月の外国人は「買い」か 世界で4000億ドルの配当金が流入』には“2月からの相場調整を主導した海外投資家(外国人)の売りに一巡感が出始めている。市場では「今後、外国人の買いが戻る」との見方もでてきており、来週からの新年度相場は堅調なスタートも期待できそうだ”とありますね。

2月、3月は難しい相場だった印象ですが、4月は米中貿易戦争や政治不安への懸念が和らぎ堅調な相場となるのを期待したいですね。

株式投資は強い相場に上手く乗れるかどうかで得れる利益がだいぶ違ってくるかと思うので、この土日はクチコミサイトで評判がいい投資顧問が配信している株関連情報やアナリスト情報などをチェックして、今後どういった展開が予想されるか、できれば把握しておきたいとこではないでしょうか。

個人的には「チェックしておくべき株情報」でまとめているような影響力がありそうな人やサイトが配信している情報をチェックしたりしていますが、アナリストの注目銘柄などを見て上昇期待値が高そうな銘柄が何か探っておくことで、動きがあった際にいち早く入れたりすると思います。

注目銘柄の推移で株情報サイトが配信した銘柄の推移を書いたりしていますが、トリプルエー投資顧問ファーストリッチトレーダーズ・ブレイン・マーケットなど、相場やテーマ株を分析して上値期待が高そうな銘柄情報を配信してきている印象なので、今どういう銘柄に注目すればいいのか分からないって人は、試しにでもアドレス登録(無料)して配信情報をチェックしてみることをおすすめします。

株業界で著名なアナリストやキャリアがある元証券マンなどが顔を出している投資顧問が配信する銘柄は、投資家の関心が向かいやすいのではと思われるのでチェックしておいて損はないと思います。

トリプルエー投資顧問はいま厳選有力3銘柄情報を無料で配信ているので、まだ配信情報を見た事がないって人は、試しにみてみる良い機会ではないでしょうか。

いま厳選有力3銘柄情報を無料で配信してます⇒

株はどんな地合いのときも情報戦です。

期待値が高そうな銘柄情報を要領良く集め、上手く取引していきたいものですね。

Copyright © 2018 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信 All Rights Reserved.

Source: 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です