■ 午後の戦略 : 極端な強気度アップは時期尚早

前場の日経平均は大幅続伸。前日のNY株高に加えて、寄り付き前後の「5月に米朝首脳会談を実施」するとの韓国サイドからの発表も追い風に21,884円(+516)まで上昇。SQ値は概算で21,575円。東証主力株は海運や機械セクターを中心に概ね堅調。為替もリスク回避ムードの緩和により一時106.90台まで対ドルでの円安が進行。

中小型株は 2191 テラ、7776 セルシード、6095 メドビア、3967 エルテス、3784 ヴィンクス、6630 ヤーマンなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 戻り売り優位
米朝融和ムードを‘建て前’とした買戻しと戻り売りや週末のポジション整理が交錯する方向感の乏しい流れがメイン。SQ後の先物主導の乱高下も視野に、午後のレンジは広めの21,500~21,900円を想定。

■ 午後の戦略 : 極端な強気度アップは時期尚早
米朝融和に向けた状況進展は歓迎しつつも、双方の無理難題の応酬による交渉決裂リスク、韓国サイドの誇張表現の可能性 → 週末中の楽観ムード減退、テクニカル面での不安要素(上値レジスタンス)などを踏まえれば、極端な強気度アップは時期尚早

big (1)

よって、★ 日経レバ(1570)を中心とする弱テクニカル銘柄は予定通り戻り売りをこなしながら、好トレンド銘柄は売りすぎ注意・押し目買い狙いを継続していってください。

★ 4185 JSR : 日経高に比べて冴えない動きとなっていますが、本日は弱テクニカル東証主力株に華を持たせる一日と割り切って、従来戦略を丹念に遂行していってください。

☆ 水曜からの新スポット銘柄
★主力2銘柄で“逆襲+アルファ”のための土台固め狙いつつ、先月のSHIFT(3697)同様の中小型株の短期回転を目的に、会員サークルでは水曜からご提案。連日期待通りの騰勢にて、まずは2日で約10%高を達成!!

戻り売りがネックになるであろう大半の銘柄と異なる「好トレンド+アルファ銘柄」ですので、ここからの押しも丁寧に!!

銘柄名は今だけこちらで公開中!!

         
 

では 午後もよろしくお願いします。
                 
 

Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です