現場に行くと意外なトラブル・・・💢

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============

おはようございます。ぺんたです。

先日私が仲間の大家さんと電話し終わった直後に、管理会社さんから電話が入りました。

「XXアパートで大家さんが外壁にたてかけていた畳が強風で倒れて、入居者さんが困っているそうです。どうしましょうか?」

どうしましょうかって、行くしかありませんよね(笑)。電話中に着信履歴が6回も入っていたのでよっぽど怒られたのかな?

「これからすぐに向かいます」

と伝えて箱バンに乗り込みました。この日は台風みたいな強風で、箱バンのハンドルがえらく取られます。

アパートに到着すると、確かに畳が倒れて駐車場の1コマを占有していました。(写真は半分片付けたあとなので、最初はもっとひどい状態でした・・・💦)
DSC_1324

それを駐車場の空きコマにとりあえず積んで緊急避難し、管理会社さんに報告してこの日は一件落着。
DSC_1326

翌日には業者さんに回収してもらいました。
DSC_1347

そもそもは私が業者手配を手抜きしたのが原因です。反省しなければ・・・(^_^;

===

と、ここまではスムーズな対処が出来たのですが、現場で畳を片付けているあいだじゅう、

「バタン・・・バタン・・・」

と、トタンが風に煽られてたたきつけられる音が鳴っていました。

良くみるとつい先日屋根に取り付けてもらったトタンがめくれてしまっています。
DSC_1345

わかりにくいので拡大してみるとこんな感じです。オレンジ色が隠れていないといけないんですよね。
無題

この部分は屋根からの雨漏りを防止するために、塗装工事の前に取り付けてもらったものです。

塗装の足場から屋根を覗いた感じはこんな↓↓感じでした。
DSC_0214

上から覗くとしっかりビス留めしてありましたから、多分側面のビス留めをしていなかったのでしょう。手抜き工事です。

すぐに工事を発注した親方に電話しました。

「屋根に取り付けてもらったトタンが風ではためいてスゴい音が鳴っているんですが、側面をビス留めしていなかったのが原因のようですよ・・・」

と冷静にお伝えしました。

翌日には施工したトタン職人が現地確認したらしく、親方から電話で

「二段梯子で上って近日中に固定するそうです。すいません💦」

と言われました。

「こういうトタンの役モノって普通は側面も固定するんでしょ?」

と質問したら、

「下地の外壁が痛んでいたので固定しなかったそうです。たぶん固定しなくても大丈夫だと思ったらしくて・・・」

(1回の強風でみごとに壊れたじゃん💢)

と思いましたが親方に八つ当たりしても仕方ないので言いませんでした。

昨日現地確認したらちゃんと直っていました。
DSC_1433

畳の件で現場に急行しなければ、トタンの不具合はたぶん発見出来なかったと思います。トタンの真下の部屋は空室なので、管理会社さんへ連絡してくれる人が入っていません・・・。

そういう意味では畳のおかげでケガの功名でした。現場には情報がありますね・・・。

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============


Source: ぺんたの地方不動産投資日記

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です