□ 日経平均(大引け) 21,368円 +115、反発ながら底打ち感は限定的

本日の日経平均は反発。コーン大統領補佐官の辞任表明後のNY株式市場が比較的落ち着いた推移を示した事で買戻し主導で寄り付き早々に21,488円(+235)まで上昇。買い一巡後は米輸入制限の内容、欧米中銀会合や米雇用統計の結果を見極めたいとの向きから積極的な売買は見送られ、午後は概ね21,300円台で持ち合う展開。昼発表の中国2月貿易収支における輸出と輸出の伸びの乖離(輸出:前月比+44%、輸入:+6.3%予想+13%)、14時発表の景気ウォッチャー調査の3か月連続の低下も株価の重しに。

主要セクターは半導体が買われ、機械が売られた他は高安マチマチ。中小型株は 6498 キッツ、6050 E・ガーディアン、7575 日本ライフライン、4344 ソースネクスト、3655 ブレインパッド、6835 アライドテレシス、3446 ジェイテック、6276 ナビタス、3858 ユビキタスなどに短期資金が流入。

日経平均 21,368円 +115、Topix 1,709 +5
225先物(3月限)21,380円 為替 105.37円/ドル
NYダウ先物 24,785ドル -10

■ テクニカル : 100円超の反発も21,600円台半ばに控える10日・20日線に距離を残す「下落トレンド過程のアヤ戻し優位」の格好。1月からの上値抵抗ラインかつ10日・20日線が位置する21,600円台が強めの抵抗帯として意識されます。3度目の21,000円割れに際しては20,500円付近までの深押しに警戒。

big (11)

■ 後記 : 上記のようにテクニカル面での底打ち機運は限定的。トランプ関税や日欧中銀会合、米雇用統計などを経て明日のNY市場が騰勢を強める場合には 来週はスタートから強気度を高めるのが正攻法となりますが、今週一杯はディフェンス重視で臨みたいところ。

★☆Sラボ銘柄戦略 : 買い下がりを前提としている★ 日経レバ(1570)は元より、小幅ながら複数回転が効いている★ JSR(4185)2日で6%高の好スタートを切った☆ 昨日からの新スポット銘柄のそれぞれが相応の役割を果たてくれています。よって、今晩の打ち合わせやNY動向次第では 明日にも☆★新銘柄をご提案させていただく予定です。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!

             

  

Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です