■ 午後の戦略 : ストレス玉の大胆な縮小!

前場の日経平均は反発。コーン大統領補佐官の辞任表明後も底堅さを示したNY市場の流れを受け、買戻し主導で寄り付き早々に21,488円(+235)まで上昇。買い一巡後は極端に低調な商いの中、21,400円付近でしっかりと推移。

東証主力株は 8035 東京エレク、6857 アドバンテスト、3436 SUMCOなど半導体セクターが買われた以外は高安マチマチ。中小型株は 3446 ジェイテック、6567 SERIO、3906 ALBERT、6835 アライドテレシス、6498 キッツなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 持ち合い継続
今晩のECB理事会、明日の日銀会合の結果、米雇用統計などの需要イベントや不透明なトランプ政権の動向を警戒した様子見ムード継続が本線。想定レンジは21,250~21,400円台半ば。

■ 午後の戦略 : ストレス玉の大胆な縮小!
不安要因を差し引いても、21,000円台前半の値位置を踏まえれば前場のリバウンドには迫力のなさが顕著。すなわち、「好材料には緩慢に、悪材料には過敏に反応」リスクが継続しています。

よって、年初来安値圏を徘徊している弱トレンド銘柄は大胆に縮小( → 1570 日経レバの買い下がり資金に充当)しながら、好テクニカル銘柄から極端に的を絞った強気スタンスを継続していってください。

★☆3銘柄は従来戦略を踏襲。

【ウォッチ銘柄】
△ 6092 エンバイオ etc
テクニカル改善気配を強めています。こちらもDAC、エン・ジャパンなどと同様の押し目買いスイング狙い候補に追加。

では 午後もよろしくお願いします。


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です