■ 午後の戦略 : 底打ちサイン待ち

日経平均 11:21現在 21068円 -176

前場の日経平均は続落。朝方はNY株高や直近の大幅安の反動により21,371円(+126)まで上昇したものの、徐々にリスク回避売りが優勢となって21,100円割れまで軟化。NYダウ先物や中国株はしっかりと推移していただけに、固有の需給悪(外部環境-アルファ)を露呈。寄り前発表の10-12月期GDPは8四半期連続の成長を示しながらも、成長率が年率換算でわずか0.5%増だったために材料視されず。

東証主力株は 3436 SUMCO、8035 東京エレクなど半導体の一角や素材エネルギー、機械株が買われた以外は概ね軟調。中小型株は 7717 Vテク、3825 リミックスポイント、5950 パワファス、3469 デュアルタップ、6494 NFKなどに短期資金が流入。しかし、主役クラスは連鎖的現金化売りが加速

□ 午後の展望 : 下値不安継続

21,000~21,300円レンジの弱含みの推移が本線。NYダウ先物に無関係の軟勢が国内需給の脆さを示していますので、先物で21,000円を割り込む場合には20,800円水準までの深押しに警戒。

■ 午後の戦略 : 底打ちサイン待ち
フェンス重視を謳いながら守りが甘かった面は否めず申し訳ありません。一見するとリバウンド妙味の高い銘柄が増えてきましたが、日経先物を含めて直近の買い物の大半が機能不全に陥っているだけに、攻めは極端にターゲットと条件を絞った打診買いに止めながら、全体需給の底打ちサインを待つ構えで臨んでください。

では 午後もよろしくお願いします。

Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です