□ 日経平均(大引け) 21,382円 -508、3日分の買い物が水面下に

本日の日経平均は大幅反落。月曜に続く1,000ドル超の下落となったNY株がリスク回避売りを誘発して売り先行でスタートすると、昼には一時21,119円(-771)まで軟化。引けにかけては下げ幅を縮小したものの、終値ベースでの年初来安値を更新。東証主力株はほぼ全面安。中小型株も決算などの好材料で局所的に買われた銘柄を除いては概ね軟調。

日経平均 21,382円 -508、Topix 1,731 -33
225先物(3月限)21,360円 為替 108.95円/ドル

NYダウ先物 24,040ドル +70

■ テクニカル
: RSIやストキャスD(13日)の20%割れ、5日連続のボリンジャーー2σ割れ、7%だにまで拡大した20日線との乖離率など売られすぎを示す指標も増加中。しかし、昨日までの3日間の大商い機能不全となっているため、戻り売り優位の調整トレンド継続が本線。

big (4)

【ウォッチ銘柄】

△ 5302 日本カーボン、6140 旭ダイヤモンド etc
本日のエスコン(8892)、アイロム(2372)などと同様の好決算中小型株の割り切り即転狙いで注目。ULS(3798)、第一精工(6640)も動意を示すならワンチャンス狙い。

■ 後記 : 「外資勢のポジション縮小が重石となる軟調地合い」をメインシナリオとお伝えした今週の日本市場は、想定をはるかに超える21,000円台前半までの記録的な下落に。仕掛け売りと需給悪とファンダメンタルズ不安の境界線が曖昧なために来週も売買難易度の高い環境が警戒されます。

ただし、ディーラー筋のリスク許容度低下によりターゲットは絞り込みやすくなりますので、慌てず丹念に『 逆襲+アルファ 』に向けた布石を打っていきたいと思います。
   (会員サークルより >>Sラボ参加案内 


※ 来週の展望はこちらで2/12(祝)午前中までに、無料メルマガは同15時配信予定です。
             
button3

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!

             

  


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です