■ 午後の戦略 : 一か八かは最小限に!

前場の日経平均は続伸。前日に200ドル近い急落を織り込んでいたNY市場が小幅安に留まった事で買戻しが先行。しかし、21,900円付近では積極的な買い手不足や戻り売りが重石となり、現在は21,700円台で推移中。主要セクターは外需系を中心に買いが優勢。

中小型株は 5453 東洋鋼鈑、1720東急建設、3655 ブレインパッド、3578 倉庫精練、3267 フィルC、7172 JIA、8927 明豊エンターなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 不安残し
前場の推移からは一定の“落ち着き”も観られるため、21,600円台後半から21,900円台で売り買いが交錯する流れがメイン。

前日比マイナス圏で不安定な推移を続けているNYダウ先物、(通常のマクロ指標と異なり)誤魔化しの効きにくい中国1月貿易収支、売り方優位の先物需給などを踏まえれば、再度21,500円割れまで下ブレるシーンもリスクシナリオとして念頭に。

■ 午後の戦略 : 一か八かは最小限に!

21,078円を底値とする反騰トレンド入り期待は昨日午後の軟勢で腰砕け。週末の3連休を踏まえれば明日の上昇に過度の期待はおけない状況です。

よって、「陰の極・第二波」に警戒すべく下落時の強引な買い向かい&ホールドは避けながら、好気配を示している持ち株を小口で買い増す従来スタンスを継続していってください。

では 午後もよろしくお願いします。

Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です