◆日経平均株価 前日比1,071円84銭安 終値ベースで過去17番目となる下落幅


前日の米大幅株安の流れを受け日経平均株価も前日比1,071円84銭安(-4.73%)の2万1610円24銭で取引終了と大きく下げましたね。

運用リスクを回避する動きが広がりストップ安数は138銘柄に…今日はしんどい1日でしたね…。

昨日書いた綜研化学(4972)は前日比+315(+13.50%)で取引終了となってましたが、地合いが良ければストップ高だったのにって感じですね。

とりあえず、既にポジション調整された方が殆どかと思いますが、保有株が大幅に下げ今後の動向に対し不安を感じているという方は、老舗株情報サイトで相場の動きを長年見てきているイーキャピタルや、NTAA認定アナリストが多数在籍しているTBMなど、銘柄相談を無料で受けてくれる株情報サイトで銘柄相談してみるのも良いと思います。

無料で銘柄相談できる株情報サイト
イー・キャピタル イー・キャピタル⇒
創立15年以上になる老舗サイト。長く相場をみてきているサイトの一つと言えそう。業界長く利用者もだいぶ増えてそうなので、取り上げられた銘柄に注目が集まりやすい印象。 チェックしてみたら分かると思いますが、とにかく情報量が豊富でテーマ株を分析して急騰銘柄を当ててきています。リピート率が88.1%にも及ぶのは、それだけ当ててきているからこそだと思います。
久永義一 TBM⇒
配信銘柄の推移をこれまでブログで書いてきていたりしますが、代表の人が日興証券で長く勤めていた人のようで、業界での繋がりが多そう。テクノファンダを習得したNTAA認定アナリストが集結しているようですが、分析力に長けた人が多く在籍しているからか推奨銘柄の推移がなかなか良い印象。サイト内コンテンツ「極選ニュース」は試しにでも一度見てみることをオススメ。
濱村比呂史 マスターズトレード⇒
元証券マンで利食い仙人と呼ばれている濱村比呂史さんのコラムを掲載しているサイト。98%が利用して良かったと実感する充実の無料サービスと書かれてますが、利用者に支持されているのは、それだけ利益に繋がる情報を提供してきているからこそって気がします。無料で「話題の注目銘柄」や「日米市況レポート」などの株関連情報を入手できてオススメ。

米長期金利上昇への警戒感が背景にある印象なので、しばらくは米国株の動きを意識した展開となりそうな感じですかね。

しかしながら、割安感、売られ過ぎ感が強まっている銘柄がたくさんあるので、買い戻されてくるタイミングは上手く狙いたいものですね。

チェックしておくべき株情報で書いているサイトなど、毎日相場を見てきている人やアナリストの見解などはなるべく見ておいた方がいいと思います。

株はどんな相場のときも情報戦です。

少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報はしっかりチェックしておきたいですね。

Copyright © 2018 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信 All Rights Reserved.

Source: 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です