法人の株式(持分)と相続税

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============

おはようございます。ぺんたです。

私が経営する会社は合同会社なのですが、相続対策のために出資額の持ち分は家内が49%、息子2人がそれぞれ25%ずつで、私は1%しか持っていません・・という話を以前書いたことがあります。

◎関連リンク 我が社の相続税対策

8f9f88d7-s
先日あるご夫婦にこの話をしたとき、

「・・・(^_^;?」

という感じになったんです。このご夫婦には以前の記事も読んでいただいていたのですが、微妙に核心を理解しておられませんでした。私のかみ砕き方が足りなかったようです。

今日はそのことをちょっと反省しつつ、もっと具体的な解説文を書こうと思います。

===

専業大家さんのかなりの方が法人化をされていますよね。法人のほうが多様な節税手段をとれるので経営の選択肢が広がります。

法人を設立する際、私が資本金100万円全額を出資して会社を立ち上げたとしましょう。

こういう場合、株式会社の場合は「持ち株比率」が100%と言いますし、合同会社の場合は「持ち分」が100%といいますが、同じことなので詳細は割愛します。

(以下は全部仮定の話です~w)

その後経営が順調に推移し、20年後に我が社の「純資産」が10億円になりました。

つまり私が最初に出資した100万円が、幾多の努力と時間を経て10億円の資産に成長したわけです。持分が100%なので10億円全てが私の資産になります。

※「純資産」というのは、会社の総資産から借金を全部返済したあとに残る、正味資産のことで、決算書類から計算することが出来ます。

===

そして20年後、運悪く私は交通事故で急死したとします。遺言も残すことが出来ませんでした。
koutsujiko-20170927

そうなると、経営する会社の株式(または持ち分)が相続税の課税対象になってしまいます。

税務署が株式の価値を100万円でなく「10億円」と評価するからです。(純資産方式だけでなくいろんな評価方法があるようですが、ここではシンプルな話にしましょう)

我が家は家内と息子2名が相続人となるので基礎控除4800万を除いた金額が相続税の課税対象額になります。つまり9億5200万です。


===

数字を丸めて9.5億が課税対象額だとします。

9.5億を法定相続割合に従って家内が2分の1、息子達がそれぞれ4分の1ずつ相続します。

相続税の計算は早見表というのがありますからそれを参照して計算すると・・・
速算票

家内の相続額が4億7500万で、相続税が1億9550万:約2億円も課されます。

長男の相続額がその半分2億3750万で、相続税が1億688万になります。もちろん次男も同額です。

つまり私が死ぬことで会社の株式に4億円超の相続税がかかってしまうのです。


当社はほとんどの資産を不動産という形で所有していますから現預金はたった5000万ほどしか持っていません。(もちろん仮定の話ですよw)

残りの3億5000万を捻出するために抵当のついていない大型マンションを3棟売ることにしましたが、家内や息子達は不動産の売却に慣れていないため不動産業者にいいように欺されてしまいました・・・・。

な~んてことが起こりうるわけですよね。

(仮定の話はここまで)
===

そういう事態を防ぐために我が社では最初に書いたように、持分を家内49%、長男25%、次男25%、私がたった1%という構成にしています。

同じケースを考えてみます。

会社の純資産が10億の時点で私が事故で死亡したとします。ところが私の持分は1%しかありません。

つまり計算すると持分の評価額は1000万しかありませんので、これは基礎控除があるので相続税は非課税になります・・・。

法人を設立する際の出資比率を少し工夫するだけで将来の相続対策が簡単に済むわけです。

===

ここで1つ疑問が湧きますよね。

「49%出資している奥さんが社長にならないとマズいんじゃないの?」

という疑問ですが、ぜんぜんそんなことないんです。

例えばソニーグループの社長をやっている平井さんは、ソニーの大株主ベスト10に全く登場しません。取締役会で社長に選ばれて、株主総会で承認されれば社長になれるわけです。

同様に当社でも、出資比率99%の3人が私を社長(合同会社の場合は代表社員)に選んでくれたので、私が経営権をきっちり持っているわけです。

もっとも、金融機関からこのような出資比率について物言いがついたことがあります。

「最大出資者である奥様が会社の実質的な支配者ではないのですか?」

と言われたので、

「上場企業は、大株主がかならず社長をやっていますか?そんなことありませんよね。」

「当社は所有と経営の分離をしているんですよ」

「私以外の3人に経営能力はほとんどありません」

と応酬したら難なく引っ込んでくれましたよ(笑)

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============


Source: ぺんたの地方不動産投資日記

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です