□ 日経平均(大引け) 23,682円 -682、軽めの勝負どころ継続!

本日の日経平均は大幅続落。先週末の米雇用統計後に加速した米長期金利高・NY株安を嫌気して寄りから23,000円を割り込むと、ザラ場中もNYダウ先物の軟勢や日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)の上昇が押し目買い機運を阻害。下げ幅700円弱は約1年3か月ぶりの大きさ。

東証1部銘柄は93%が前日比下落となるほぼ全面安。中小型株も連鎖的に売りが広まる中、3660 アイスタイル、8101 GSIクレオス、6467 ニチダイ、3356 テリロジー、4586 メドレックス、6092 エンバイオ、7274 ショーワなどに短期資金が流入。

日経平均 23,682円 -682、Topix 1,823 -40
225先物(3月限)22,650円 為替 110.01円/ドル

NYダウ先物 25,276ドル -150

■ テクニカル : ギャップダウン、下ヒゲの短い中陰線、遅行スパンの実線割れなどが「下値不安継続」を示唆。均衡表の雲の上限が控える22,600円台前半を強めの抵抗帯とみていますが、調整トレンド入り後の日柄の浅さやストキャス(13日:D42%)が示す調整不足を踏まえれば、22,000円水準までの一段安も念頭に。

big (1)

【ウォッチ銘柄】
△ 7606 Uアローズ、5〇〇〇
先週のE・ガーディアン(6050)、ライフライン(7575)などと同様に「まっとうな商いを有する好決算銘柄」として注目。コンセンサスなりとはいえ18年3月期経常益を39%上方修正した三菱自動車(7211)も注目。
△ 4585 UMN、3109 シキボウ
全国でインフルエンザが流行中。関連銘柄をワンチャンス狙いで注目。

□ 後記 : 投入資金の設定メドについて

「リスクは取りにくいけど、早くマイナスをカバーしたい」ジレンマに対しては以下のように考察、対応していただくのがおススメ。※ お伝えしている経緯からは(1)が軽めの勝負どころ、(2)が真の勝負どころ
(1) 下値模索中(現在): 「手仕舞い条件における許容損失額」から逆算。
(2) 底打ち気配確認後 : 目標リターンから逆算 ≒ 買い増し。
     
          (会員サークルより
 >>Sラボ参加案内 
では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!

             

  



Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です