■ 午後の戦略 : 的を絞った打診買い継続!

前場の日経平均は暴落。良好な米雇用統計が米長期金利の上昇 → 株安と連鎖した先週末のNY株安を嫌気して寄り付き早々に22,722円(-552)まで売り込まれると、現在も22,700円台で弱含む展開に。個別株は広く深く売りが浸透。

□ 午後の展望 : 二段安に警戒
先物こそ売り方の買戻し主導で切り返す場面も期待されますが、個別に関しては潜在的に高まっていた投げ売り圧力が弾けた格好ですので、「戻りは鈍く、下値は脆い」展開に要注意。

■ 午後の戦略 : 的を絞った打診買い継続!
先週からお伝えしてきたように、前場の日経22,700円台(~22,600円水準)までの下ブレや個別の横並びの下落は想定内。よって、「的を絞った打診買い」スタンスにて調整一巡後をケアしつつ、一定の余力維持と手仕舞い条件の徹底にて想定外の下落にも備えていってください。

※ 真の勝負どころは急落過程での買い向かいやホールドにあるのではなく、反騰初期のホールド or 買い増しにあります。過度にストレスを感じるポジションについては早め縮小により、戦える気持ちと体勢の維持を計って下さい。

☆★Sラボ3銘柄も当観点を優先しながら、“市場マインドの陰の極”狙いの従来戦略を継続!!

【ウォッチ銘柄】
△ 1360 日経ベア2倍

下ブレケアの役割は日経レバ(1570)の空売りと同じですが、1570が売り方にとっての好テクニカル&好需給であるのに対して、1360は買い方にとって弱めのテクニカルと需給が重石となります。よって、仮に両方お持ちの方は1360の利確を優先するのがおススメ。
   (10:08の会員サークルより >>Sラボ参加案内 

では 午後もよろしくお願いします。


Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です