「ネット無料」に重大な変化アリ

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============

おはようございます。ぺんたです。

私は所有物件全てにインターネット無料サービスを導入しています。

いまやインターネット接続は現代人がもっとも必要とするインフラサービスですし、スマホの普及も進んでいますので他物件との差別化のため導入しています。

ところがここに来てアパート向けインターネット無料サービスの業界に変化が起こっています。ちょっと難しい話になりますが、大事なことなので是非読んで下さい。

===

私が所有物件へのインターネット無料サービスを導入するにあたり、もっとも数多く依頼しているのは、業界最大手の一社である「イーブロード」さんです。そこの担当さんと先日お会いした時、

「とうとうIPv6サービスを始めました!!」

ということでした。チラシも準備していました。
DSC_0955

以前からこのサービスが始まることは予告されていましたが、

「ようやく始まりましたか~!!」

と喜びを禁じえませんでした。業界初だそうです。

===

この「IPv6」ってほとんどの方が聞いたことがなく、読み方もしらないと思いますが、読み方は

「あいぴーぶいしっくす/あいぴーぶいろく」

と読みます。

「インターネット プロトコル バージョン6」の略称で、「インターネットに接続する手順のバージョン6」というような意味合いです。

「バージョン6」が新しいサービスならば、以前のサービスは何かというと「バ-ジョン4」=「IPv4」というサービスで、アパマン向けネット無料サービスは全てこの「バージョン4」で提供されてきました。家庭向けのフレッツ光などもほとんどが「バージョン4」です。

細かい背景とか技術の話は抜きにして、「バージョン4」「バージョン6」になるわけですから、全般的に良くなっているわけです(笑)

今回の「バージョン6」が始まると我々大家さんに取って何がメリットかというと、同じ光回線を使っていても通信速度が圧倒的に速くなる!ことに尽きます。私の物件では2倍程度のスピードアップが実現できました。

===

専門的な解説をし出すと難しくなりますし、私も皆さんからのツッコミに耐えられなくなるのでw、例え話をします。

「バージョン6」でインターネットに接続するのは、高速道路の入り口でいうとETCゲートのようなものです。処理速度が速いのでひとつのゲートでたくさんのクルマがスイスイ通過していきます。

「バージョン4」の場合はいちいち停まって自動発券機から通行券を受け取るようなものです。いまでも混雑している高速道路では自動発券機や、出る時の精算所のところで渋滞しているのを良く見かけます。

「バージョン6」「バージョン4」のスピード差はそれぐらいあるわけです。
120714_01

そのおかげで、さっそくスピードアップの恩恵にあずかっています。

「バージョン4」を導入したアパートでは、実測でだいたい60~70メガ程度のスピードだったものが、今回「バージョン6」を導入したアパートでは130メガも出たそうです。

夜間に入居者がYOUTUBEなどの動画サービスを利用する時間帯になると、エリアやアパートによっては、

・動画がなかなか再生されない

・再生されても時々止まったり、画質が落ちたりする

という現象が見られて、時にはクレームに発展したりしますが、「バージョン6」を導入したアパートではそういうことなく、サクサク動くようになると期待できます。

===

イーブロードさんは、今後申し込みを受ける際は全数この「バージョン6」をコストアップなしで導入してくれるそうです。

また過去に「バージョン4」を導入したアパートは、一定の条件を満たす場合は順次無料でバージョンアップしてくれるそうです。

無料インターネットサービスを導入する場合は単純なコスト比較だけでなく、こういう「バージョン」比較も視野に入れたほうが長期的には良い結果をもたらすような気がします。

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============



Source: ぺんたの地方不動産投資日記

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です