□ 日経平均(大引け) 23,631円 -37、テクニカルは正念場継続

本日の日経平均は小幅に続落。連日の大幅安の反動やNY株高、トランプ大統領の「強いドル支持」発言によるドル円の持ち直しを好感して寄り付き早々に23,797円(+128)まで上昇。しかし、ドル円とともに5日線を意識した戻り売りに上値を抑えられると、午後は23,600円台で弱含む展開に。

東証主力株は 6366 千代建、1963がLNG関連として騰勢を強めた一方、金融・不動産。半導体セクターが軟調に推移。中小型株も総じて覇気がなく、8927 明豊エンター、3953 大村紙業、3479 TKP、3186 ネクステージ、6999 KOA、3774 IIJ、3038 神戸物産などに局所的に資金が流入。

日経平均 23,631円 -37、Topix 1,879 -5
225先物(3月限)23,630円 為替 109.36円/ドル

NYダウ先物 26,407ドル +31

■ テクニカル : 正念場継続
23,800円台前半に位置する5日・10日線への上値抵抗感、パラボリック陰転などにより下値不安が継続。

big (13)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】

△ 6954 ファナック
4-12月期経常益はコンセンサス1760億円を上回る1856億円で着地。日経の下支え要因。

△ 2693 YKT 上方修正。4107 伊勢化学、7963 興研
通期業績予想を上方修正。

☆ 6864 NF回路 
1/23 + 1/24 ≒ 2,805円 → 1/26 3,700円 +895 31%上昇
好決算を受けた昨日のストップ高後、本日は3,700円まで一段高。昨日後場寄り直後の一瞬の隙をついて買えた方は良かったですね!このアドバンテージを生かして来週は☆★中核銘柄の育成へ!

big (1)

■ 後記 : 今週のマーケットは、米債券市場、NY株、ドル円、日本株などの相関性の低下が顕著に。「年初のプラス志向の巻き戻し」による特異点の可能性が高く、来週も23,000円台後半のレンジ相場は維持されるとみていますが、引き続き売買難易度の高い相場つきが予想されますので ビジョンと戦略を明確にしてマーケットに対峙していってください。 

※ 来週の展望はこちらで日曜午前中までに、無料メルマガは同15時配信予定です。
             
button3


では 今週もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!

             

  



Source: S教授!次はどの株買えばいいですか!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です