濃い塗装の色あせ

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============

おはようございます。ぺんたです。

私が所有するアパートはボロくてガラガラな状態で購入することが多いのでよく塗装工事を行います。

その際、私の好みでクリームイエローか紺色を採用することが多いのですが、

「紺色のような濃い塗装色は色褪せが早い」

という噂を耳にすることが多いので、過去に出会った(手がけた)紺色塗装の物件を振り返り訪問してみました。

===

我が家では元旦に実家の母を訪ねるのが恒例になっているのですが、今年の正月はおせち料理のあとにみんなでウォーキングしました。

その際、実家近くにある大東建託の紺色アパートに立ち寄ってみました。

DSC_0603

DSC_0604

ここはもともとキレイなネイビーブルーのアパートで、私の物件を塗装する際のお手本になった物件です。

スマホの画像なので伝わりにくいのですが、外壁はかなり色褪せて、灰色がかったムラになっていました。

おそらくここが新築で塗装してから10年程度経過していると思われます。白系やイエロー系でも色褪せはもちろんありますが、黒や紺などの濃い色では色褪せが目立つんだなぁ・・・と実感しました。

===

お正月の3日には家族そろって三社参りに行きましたが、その途中、昔私が所有していたアパートに立ち寄ってみました。

この物件は2012年に相続案件として非常に割安で購入しました。

当時はメンテナンスもされておらず、外壁はかなり痛んでいました・・・・。
SN3K0002

それを、さきほど出てきた大東建託さんのアパートをお手本にしてこんな↓↓紺色に塗装したのが2012年のこと・・・・。(塗装直後の写真です)

IMG_0018

このアパートの周辺が田んぼと畑ばかりなので濃紺とよくマッチして、イギリスの田園地帯にあるアパートのような雰囲気でした。(行ったことありませんが・・・(^-^; )

今回振り返り訪問した際には全体的に、塗装当時の品質をまだ保っている感じでした。もう売却してしまったのですが、嫁に出した我が子のような感じです(笑)
DSC_0605

塗装後ちょうど6年経過しているのですが上出来です。同行していた家内もあまり劣化していない様子をみてびっくりしていました。

シリコン系の塗料を使ったのでそのおかげでしょうか。あるいは塗装業者さんが丁寧な仕事をしてくれたからかもしれません。

ただし、ところどころ雨染みが目立つようになっていたり、
DSC_0606

DSCPDC_0000_BURST20180102104231596

鉄部にはさびが浮いていたりしていました。
DSC_0609

DSC_0607

鉄部だけは先に再塗装したほうがいいかもしれないですね・・・。

===

こんな感じで評価の分かれる2物件でした。

私の物件だったほうはシリコン系塗料のためモチがいいとも考えられますし、逆にこれから塗装後10年目を迎えていくにつれ、大東さんの物件のように急速に色あせていくのかもしれません・・・。

やはり我々大家としては、

「濃い塗装は色褪せする」

ということを覚悟したうえで発注すべきだなと思いました。

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============


Source: ぺんたの地方不動産投資日記

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です