季節融資

ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============

おはようございます。ぺんたです。

いまやっている塗装工事の資金は、知人の紹介で信用組合に打診したもののけんもほろろに門前払いされてしまった話は以前書きました。

◎関連リンク
信用組合から門前払い

ところが上の↑↑記事を読んでいただいたお取引先の金融機関から新たなご提案をいただきました。ありがたいことです

===

担当さんがうちに来てくれて、

「今回の資金は、御社への与信枠の余りを使い、少しはみ出てしまう部分はこういう商品で埋めたいと思います」

といいながらおもむろに取り出した一枚のチラシ。

DSC_0002

冬場資金と大書してあります。

「ん??、これはどんな資金なんですか?(苦笑)」

「これはですね・・・」

と説明を受けた内容を要約すると、

・お取引先の中小企業の資金繰りのために用意している商品

・主に半年程度の、短期の資金繰りにつかわれる

・今の時期、ボーナス支給で手元資金が薄くなった場合など、その補填に使うことが多い

ということでした。

「でもこのチラシだと返済期限が半年以内になっているんですけど、設備資金に使っちゃって大丈夫ですか?」

「はい、おおっぴらには言えないのですが、半年後の残債を次の季節資金で借り換えていくような感じでやっていこうと思います」

確認はしませんでしたが、およそ半年後に「夏場資金」という商品が用意されているのでしょう・・・。

===

当社は比較的潤沢な資金を持っているので貸倒のリスクはありませんし、かといって塗装工事代金を手元資金から支払うのは(手元資金が薄くなるので)いやだ・・・という状況をよくご理解いただけているからこそのご提案だと思います。

本当にありがたいと感謝しつつ、お願いすることにしました。

たぶんこういうのが、金融機関による「信用創造」機能なんですね。

ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============


Source: ぺんたの地方不動産投資日記

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です